ダロト

ダロトのベストゴール!

今日は、マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル人DFディオゴ・ダロトのゴールシーンを紹介する。

ポルトのファーストチームで約1年経験を積んだのち、2018年夏、ダロトは当時の指揮官ジョゼ・モウリーニョによってユナイテッドに迎えられた。

怪我により停滞を余儀なくされたものの、その才能は疑いなく、これまでの2シーズンで33試合に出場している。

その中でのダロトのハイライトシーンは、今シーズ1月、エミレーツFAカップのトランメア・ローヴァース戦でのゴールだろう。ユナイテッドが6-0で快勝したこの試合で、ダロトは2点目をあげた。華麗なゴールシーンを、下のビデオでチェックしよう。


トランメア戦のダロトのシュート動画

ポルトからユナイテッドへ

ダロトは、9歳で入団したポルトで33試合に出場した。2018年夏にユナイテッドに移籍したあとは、怪我が長引きデビューは9月中旬と遅れた。しかしベルンで行われたチャンピオンズリーグのヤングボーイズ戦で先発で起用されると、アウェーで価値ある勝利(3-0)に貢献した。彼をポルトから引き抜いた同胞のモウリーニョも、「彼はヨーロッパで最高のフルバックだ」と絶賛している。

ダロトのハイライト

トランメア戦でのゴールは、ダロトのこれまでのユナイテッドでのベストシーンと言えるだろう。しかしこれ以外にも数々の価値ある貢献をしている。そのひとつが2019年3月、ユナイテッドがPKで勝利をものにしたパリ・サンジェルマン戦だ。ダロトが放ったロングシュートが、プレスネル・キンペンベのハンドを誘発した。


レッズでの足跡

昨シーズンのサウザンプトン戦では後半から出場し、右ウィングでプレーして3-2の勝利に寄与した。ダロトは、その知的さを生かしてユナイテッドでもすでにバーサタイルさを発揮している。異なるシステムを採用するオーレ・グンナー・スールシャール監督のチーム構想にもうってつけだろう。

賛辞のコメント

「彼のポテンシャルは誰の目にも明らかだ。この19歳のプレーヤーには、マンチェスター・ユナイテッドで今後10年以上のキャリアを築く可能性がある」(ジョゼ・モウリーニョ)

「彼は素晴らしい潜在能力を持っているが、とりわけ前に仕掛ける才に長けている。彼のクロスは見事だ。それにガッツもある。まだ若く、学ぶことは多いが、怪我なく数ヶ月間継続してプレーを重ねるところを見れるといいと願っている。彼にとってそれが格好のチャンスになるからね」(デニス・アーウィン)


おすすめ: