リンガード

アーセナル 1-3 ユナイテッド

マンチェスター・ユナイテッドは、エミレーツ・スタジアムでアーセナルを3-1で下し、エミレーツFAカップ5回戦に進出した。

アレクシス・サンチェス、ジェシー・リンガード、アントニー・マルシャルのゴールにより勝ったユナイテッドだったが、試合展開は決して一方的なものではなかった。

試合序盤に優勢だったのは、ホームのアーセナルだった。左サイドからユナイテッドを攻略し、ローラン・コシールニーがクロスを上げるも、キャプテンのアシュリー・ヤングが対応して事なきを得た。

その後も主導権を握ったアーセナルは、24分にアレックス・イウォビがシュートを放つも、セルヒオ・ロメロの正面をつく。

徐々にペースを握り、落ち着いて攻撃のチャンスを待ったユナイテッドは、アレクシスが古巣アーセナルから先制ゴールを決めた。ボールに触れるたびにブーイングを受けたアレクシスは、ロメル・ルカクの折り返しを受け、GKペトル・ツェフをかわしてシュート。ワイドに流れるかと思われたが、ゴールネットを揺らした。

追加点が生まれたのは、その2分後だった。カウンターアタックからルカクが再びアシストをマーク。空いたスペースにパスを通すと、受けたリンガードが十分な時間を使ってボックス内に侵入し、チェフの牙城を崩すことに成功する。

アーセナルも前半ラスト15分から攻勢に転じ、前半終了までに1点を返す。アーロン・ラムジーがエリック・バイリーを突破してクロス。これをファーサイドのピエール・エメリク・オーバメヤンが蹴り込み、2-1となって前半を折り返した。

ホームのアーセナルは、後半開始からも前半終盤の勢いを維持。再びラムジーが決定機に絡み、ユナイテッドは同点に追いつかれるピンチを迎えた。今回はラムジー自身が強烈なヘディングシュートをゴール前からトップコーナーに放ったが、セルヒオ・ロメロが即座に反応し、バーの上に弾き返して難を逃れる。

試合を通じ初めてのイエローカードは、コシールニーに出された。同じフランス出身のポール・ポグバをペナルティエリアの外で倒してしまい、警告を受ける。これで得たフリーキックをルカクが蹴ったものの、直接ゴールを狙ったシュートは枠外へ。

コシールニーは、この後でルカクと接触し、負傷交代を余儀なくされた。

同点に追いつきたいアーセナルは、ラカゼットがシュートを放つも、ロメロが左サイドに弾き返す。ラムジーとジャカも遠目からのシュートで打開しようとしたが、両チーム合わせて4点目を決めたのは、ユナイテッドだった。

ポグバがボールを持って前進した動きに、ルカクとアレクシスに代わって交代出場したアントニー・マルシャルとマーカス・ラッシュフォードが絡み、ポグバがシュート。今季終了後の引退を表明したツェフにセーブされたが、こぼれたボールをマルシャルが押し込み、82分にユナイテッドがリードを広げる。

コシールニーの負傷対応により後半の追加タイムは10分になったが、リードを守り抜き、ユナイテッドが勝利。5回戦の組み合わせ抽選は、月曜の夜に実施される。

試合情報

アーセナル:ツェフ、メイトランド・ナイルズ、ソクラティス(21分にムスタフィと交代)、コシールニー(c、64分にエジルと交代)、コラシナツ、トレイラ、ジャカ、ラムジー、イウォビ(74分にグエンドゥジと交代)、ラカゼット、オーバメヤン

出場機会のなかったサブ:レノ、モンレアル、リヒトシュタイナー、エルネニー

イエローカード:コシールニー、コラシナツ、グエンドゥジ

ユナイテッド:ロメロ、ヤング(c)、リンデロフ、バイリー、ショー、エレーラ、マティッチ、ポグバ、リンガード(87分にジョーンズと交代)、ルカク(71分にマルシャルと交代)、アレクシス(71分にラッシュフォードと交代)

出場機会のなかったサブ:グラント、ダロト、フレッジ、マタ

イエローカード:ヤング、リンガード、ラッシュフォード

得点:アレクシス(31分)、リンガード(33分)、マルシャル(82分)

審判:クレイグ・ポーソン

観衆:5万9571人

関連キーワード