click to go to homepage
ジョゼ

ロブソン「苦しい時こそ団結だ」

ブライアン・ロブソンは、ジョゼ・モウリーニョが月曜夜のオールド・トラッフォードでのトッテナム戦で見せた情熱を支持し、いまの逆境の時期においては、このしぶといメンタリティこそ重要であるとマンチェスター・ユナイテッドを応援するすべての人々に呼びかけた。

レッズは月曜の夜、シアター・オブ・ドリームスにおいてトッテナム・ホットスパーに3-0で敗れた。試合のあとモウリーニョは、断固とした態度でピッチに歩み出ると、スタンドの四方すべてに向かってサポーターを称えた。その後ストレットフォード・エンドの前に立ち、敗れても温かい拍手で選手を見送った観衆に敬意を示すポーズをとった。

ユナイテッドのサポーターとの結びつきの強さを知り尽くしている元キャプテン、ロブソンは、いまは苦難の中にいる時だと強調した。

「いまこそ一丸となる時だ。なぜなら、このクラブの外の人達は、こういう時には寄り添ってはくれないからだ。ファンがチームを応援しなければ、メディアはここぞとばかりにさらに攻撃してくる」とMUTVに語ったロブソン。

「苦しみを分かち合うことが大切だ。お互いに励ましあって、自信を取り戻すことだ。選手たちはさらなるハードワークが必要。しかしこのチームなら、この状況を覆すことができる」

チームは団結している article

モウリーニョ監督がトッテナム戦を振り返った。

ロブソンはさらに続けた。

「マンチェスター・ユナイテッドのファンの素晴らしいところはそこだ。厳しい状況にあるときに支えてくれる。しかし良い状況のときにも、決して調子に乗ったりはしない。彼らは本当に素晴らしいよ」

「ホームで3-0で敗れたような時こそ、ファンは信じて寄り添うことだ。なぜならシーズンはまだまだ長いのだから」。

トッテナム戦ハイライト動画

ユナイテッドは日曜にバーンリーに乗りこむ。ブライトン戦とスパーズ戦で2連敗中だが、ロブソンはターフムーアで勝利を手にして事態を好転できると確信している。

「監督やスタッフだけでなく、選手たちが自分たちが持てる最高のものを出しきり、チームスピリッツを露わにすることが重要だ。この苦境から抜け出してふたたびトップ争いに絡みたいならね」

ブライアンはThe Paddy Crerand Show でそう力説した。

「彼らがすべきことはひとつ。次の試合に勝つことだ。そうすればまた自信を回復できる。負傷中の選手も戻るだろうし、フィットネス具合も向上していく、そういったことが絡み合うと、ある瞬間突然に物事がすべてうまく回り出したりするものだ」

メディアは辛辣だが、ロブソンは、極端に厳しく取り上げられるのは常であり、ユナイテッドのような成功したクラブではそれは避けられないことだと話した。

「サー・アレックスが成功を重ねたこの30年間、メディアは我々を叩きたくてたまらなかった。しかしユナイテッドはFAカップに優勝し、その後ジョゼが来て、彼は最初のシーズンで3つのトロフィを勝ち取った。それだから、ひとつも手に入れられなかった昨シーズンに続いて今季の序盤で2連敗したことで、メディアはここぞとばかりに攻撃してきた。彼らはマンチェスター・ユナイテッドのサクセスは見飽きていたからね」。