ユナイテッド

マクニールが退団

水曜日 10 7月 2024 11:56

チャーリー・マクニールが、チャンピオンシップのシェフィールド・ウェンズデーへの移籍手続きを完了した。

マクニールは、マンチェスター・ユナイテッドとの契約を今夏で満了し、ダニー・ロール監督の下で昨季終盤に好成績を収めたヒルズボロのチームとの契約に合意した。

プレシーズンキャンペーンを前に、セント・ジョージズ・パークでオウルズと合流した20歳にとっては、エキサイティングな移籍である。

マクニールは、2022年9月にオールド・トラッフォードで行われたヨーロッパリーグのレアル・ソシエダ戦で、タイレル・マラシアと交代して出場し、シニアデビューを果たした。

その後、ニューポート・カウンティとスティーブニッジに期限付き移籍し、アカデミーに在籍していた間は、U-18プレミアリーグとプレミアリーグ2でレギュラーとしてネットを揺らしていた。

アカデミーを去るすべての卒業生と同様に、彼はクラブと生涯の関係を持ち、アルムナイ・プログラムを通じていつでも復帰が歓迎される。

クラブ関係者は、ヒルズボロでの彼の成長を注意深く見守るとともに、今後の健闘を祈っています。

おすすめ: