ユナイテッド

エリクセンがスウェーデン戦で決勝ゴール

木曜日 06 6月 2024 11:04

火曜日の夜、クリスティアン・エリクセンがデンマーク代表戦で劇的な決勝点をあげ、スカンジナビアのライバルであるスウェーデンに2-1で勝利した。

2021年の前回大会中に心停止に陥って以来、初の欧州選手権を控える32歳のエリクセンにとっては、カタルシスを感じる瞬間だった。

思わぬ事故はコペンハーゲンのパーケン・スタジアムで起こったが、このスタジアムは昨夜のデンマーク対スウェーデンのウォームアップゲームの会場でもあった。

しかし、エリクセンは会場に刺激されたようで、わずか2分にトッテナム・ホットスパーのピエーミル・ホイビェアが決めた先制点をお膳立てした。

スウェーデンはアレクサンデル・イサクが前半に同点ゴールを決め、試合はそのまま1-1の引き分けに終わるかと思われた。しかし、エリクセンがボックスの外から決勝ゴールを決めた。

ブルーノが代表戦で2ゴール

 記事

火曜の夜、キャプテンを含むユナイテッドの3選手が代表戦に出場。

このゴールは、ゴールから35ヤード付近でのフリーキックから生まれた。

エリクセンは、中盤でモルテン・ヒュルマンドと短いワンツーを繋いだ後、元ユナイテッドのウインガー、アンソニー・エランガの前を横切る見事な低い弾道のシュートをゴール右隅に突き刺し、デンマークのファンも大興奮。

もちろん、ユナイテッドの選手でピッチに立ったのはエリクセンだけではない。ラスムス・ホイルンドは78分間プレーし、ビクトル・リンデロフはスウェーデン代表の主将を務めたが、先日まで負傷していたこともあってハーフタイムで交代した。

他に出場した選手

火曜日には、ユナイテッドの選手がもう一人、国際試合に出場した。エリクセン同様、ファクンド・ペリストリもゴールとアシストを決めた。

ウルグアイ代表のペリストリは、アリゾナ州フェニックスで行われたメキシコ戦にフル出場し、26分にはブライアン・ロドリゲスの折り返しをゴールに押し込み、ウルグアイの2点目を決めた。

後半、ペリストリは相手GKフェリペ・ロドリゲスをかわし、リヴァプールFWダーウィン・ヌニェスのタップインに繋げた。ウルグアイは6月21日に開幕するコパ・アメリカに向けて準備を進めている。

次の試合は?

金曜日には、3試合でユナイテッドの選手が登場する可能性がある。

イングランドはウェンブリーでアイスランドをホームに迎える。

ハリー・マグワイア、コビー・メイヌー、ルーク・ショーの3人は、ガレス・サウスゲート監督が選択した暫定メンバーに入っている。

オールド・トラッフォードへの夢

 記事

マンチェスター・ユナイテッドの選手になる目標を叶えるまでの道を本人が振り返った。

スコットランドはグラスゴーのハムデン・パークでフィンランドと対戦する。スコットランド代表のスコット・マクトミネイが出場する可能性がある。

マクトミネイはエミレーツFAカップ決勝のマンチェスター・シティー戦で負傷し、月曜日のジブラルタルとの親善試合を欠場した。しかし、スティーブ・クラーク監督は週明け、スコットがフィンランド戦に出場すると明言した。

一方アフリカでは、ソフィアン・アムラバトのモロッコが、アガディールでザンビアとのワールドカップ予選を戦う。

おすすめ: