ユナイテッド

デ・ヘアが負傷

ダビド・デ・ヘアは、アウェイでのサウサンプトン戦前半終了後に負傷交代を余儀なくされた。

アトレティコ・マドリーで84試合、マンチェスター・ユナイテッドで416試合目のクラブキャリア500試合目の節目だったが、デ・ヘアは負傷交代。これにより、水曜のパリ・サンジェルマン戦に出場できるか微妙となった。

デ・ヘアは、ジェームズ・ウォード・プラウズのフリーキックを防ごうとした際に負傷。後半のあたまからはディーン・ヘンダーソンが交代出場した。

オーレ・グンナー・スールシャール監督は、試合後のインタビューでデ・ヘアのコンディションについて言及した。

3-2で逆転勝利を収めた一戦後、MUTVとのインタビューで「膝の上に打撲を負った。水曜の試合に出られるといいが、どうなるかはわからない」と、監督は語った。

「明日(月曜)に検査を受ける必要がある。ただ、ディーンは非常に安定していた」

デ・ヘア以外にも、アレックス・テレスが鼠蹊部に違和感を訴え、ブランドン・ウィリアムズと交代した。

監督は、試合前にポール・ポグバがPSG戦で復帰できる可能性について言及。ポグバは足首の負傷によりメンバー外となった。今回の遠征にはスコット・マクトミネイも帯同しなかった。アントニー・マルシャルは体調不良でベンチ外だった。

負傷選手に関する情報は、火曜日の会見で明らかになる見込みだ。

おすすめ: