カバーニ

カバーニのショートヘアはあり?

金曜日 10 9月 2021 15:50

エディンソン・カバーニの写真を撮るとき、そこに見えるのは彼のどんな姿だろう?

おそらく、ウルグアイ人ストライカーがゴールを決めて、トレードマークの弓を弾くセレブレーションをしている姿か、あるいは、彼が12ヶ月前にこのクラブの一員になって以来マンチェスター・ユナイテッドのファンの心をつかんで離さない、目的に向かって突き進む真摯な姿か。

いずれにしても、そこにいるのは、長い黒髪をなびかせたカバーニだ。

クラウディオ・カニーヒアやガブリエル・バティストゥータ、エディの元チームメイトで元レッズのディエゴ・フォルランなど、南米のストライカーには豊かな髪を持つ選手が多い。もしカバーニが、サイドも後ろもスッキリと短いヘアスタイルをしていたら、彼は同じようには見えないだろう。

本人もそう思っていると、ファンの質問に答えるQ&A企画の一環で、イギリスのルイスからの質問に答えている。このQ&A企画のフルバージョンは、今週末、クラブのプラットフォームや、ニューカッスル戦の公式マッチデープログラム、United Reviewに掲載される。

 

「実は、友達から家族からも聞かれることが多いんだ!『自分がショートヘアになった姿を想像できる?』『短くしてみようと思ったことは?』ってね」と語り出したカバーニ。

「だからこれは、親しい人たちとの間ではお馴染みの話題でもあるんだ。でも、答えはよくわからない。自分でもね」

過去にはさっぱりとした短髪姿の写真もあるが、エディは、故郷のサルトから最初のクラブであるダヌビオに移ったときから、20年近く同じスタイルを貫いていると話してくれた。

「15歳まではショートヘアだった。そしてその頃僕は、フットボールをやるために、ウルグアイの首都モンテビデオに行くことを決めた」

「その時から髪を伸ばし始めた。そして今日に至っている。そしていつのまにか、20年間もロングヘアで過ごしてきたってわけだ」

エディが新作チャントに感激! article

エディが、ファンが歌った彼への新作チャントにSNSで感謝

エディは、10代の頃にそうした反抗的な選択をしたのは、子供時代に母親から髪を短くするように言われた反動だと思っているようだ。

ともあれ、今ではこの髪型なしでは考えられないから、デイヴィッド・ベッカムのように一夜にしてヘアスタイルを劇的に変えるようなことは、すぐにはなさそうだ。

「この先短くするかどうかは自分でもわからない。それに僕は今みたいな長い髪が好きで、ショートヘアの自分を想像することができないんだ」

「たぶん、子供のころの経験の反動だと思う。昔は母親が、シラミがつかないようにって学校に行くのに僕の髪をバッサリ切っていたんだ」

ファンの質問に答えるカバーニ

「母親も、年中、髪のシラミとりをするのはうんざりだっただろうから、坊主頭みたいにスッキリ刈ったんだ」

「でも僕は好きじゃなくってね。たぶんそのせいで髪を短くしたくないんだと思う。きっとおじいさんになるまで今のままだよ!」

おすすめ: