ユナイテッド

ストレトフォード・エンドでの決勝点に大興奮

日曜日 05 12月 2021 18:31

フレッジは、日曜日のクリスタル・パレス戦で試合を決めるゴールを記録後、「とても幸せ」と語った。

暫定監督のラルフ・ラングニックは、オールド・トラッフォードでエキサイティングな試合を展開し、サウス・ロンドンのチームに僅差で勝利した。

この試合で勝ち点3を獲得したマンチェスター・ユナイテッドは、プレミアリーグ6位に浮上した。

28歳のフレッジのゴールには、ユナイテッドのチームメートたちも歓喜の声を上げ、人気者の彼がスポットライトを浴びた。

「ゴールはいつも嬉しいし、今日は1-0で勝つことができました。自分のゴールがこんなに重要な意味を持つなんて嬉しいね」と、フレッジはクラブメディアのスチュワート・ガードナーに笑顔で語った。

「もちろん、何よりも重要なのはチームの力になって勝つこと。良いパフォーマンスだったし、クリーンシートを記録できた」

「新監督の初戦だった。僕たちにとっては、日々前進し、次の試合に備えることがとても重要です」

フレッドは左利きで、ボックス外からの得点は右足で決めたものだった。

「左利きだけれど、たまに右足で(シュートを)打とうとするんだ」

「メイソンがいいボールをくれたので、その瞬間にゴールを狙ったらそうなったんだ。オールド・トラッフォードのファンの前でゴールを決めることができて、とても恵まれているし、とても幸せ」

先週末、スタンフォード・ブリッジで行われたチェルシー戦では際立った選手の一人として活躍し、木曜日のアーセナル戦でもアシストを決めたフレッジにとって、この8日間は素晴らしい日々になった。

ファンもフレッジの様々な側面を目撃した。誰もが試合の多いクリスマス期間中も彼の好調が続くことを願っている。

おすすめ: