ユナイテッド

ワン・ビサカが負傷で代表を離脱

マンチェスター・ユナイテッドのディフェンダー、アーロン・ワン・ビサカが、腰を痛めてイングランド代表を離脱した。

ユナイテッドの右サイドバックとして開幕から好調を維持していたワン・ビサカは、欧州選手権の予選でブルガリアとコソボと対戦するイングランド代表から初めて招集されたばかりだった。

セント・ジョージズ・パークでチームメートと練習していたワン・ビサカだったが、治療のためにユナイテッドに戻った。

ユナイテッド
イングランド代表デビューに向けて調整していたアーロン・ワン・ビサカ

イングランド代表には、リヴァプールのトレント・アレクサンダー・アーノルド、アトレティコ・マドリーのキーラン・トリッピアーも招集されたため、ワン・ビサカの代役を追加招集するプランはないという。

U-21で結果を残してきたワン・ビサカにとっては、今回の離脱は残念でしかない。

オーレ・グンナー・スールシャール監督は、ワン・ビサカが軽傷で済み、9月14日にオールド・トラッフォードで行なわれるレスター・シティー戦に出場可能なことを願っている。

ルーク・ショーとディオゴ・ダロトも負傷で離脱しているため、インターナショナルブレーク後もワン・ビサカには好調を維持してもらいたい。

おすすめ: