ユナイテッド

亡き母に捧ぐゴール

フアン・マタは、ウルヴズでの決勝点だけでなく、これから決めるすべてのゴールを先日亡くなった亡き母、マルタ・ガルシアに捧げると語った。

モリニューでPKを決めた瞬間、マタは空を指差しキスするゴールパフォーマンスを見せた。試合後、自身のゴールを次のように振り返っている。

ハイライト:ウルヴズ 1-2 ユナイテッド動画

「今までで最も困難なシーズンだった。母のためにゴールを決めたかったし、ありがたいことにそれができた」

「だからこのゴールも、これから僕が決めるすべてのゴールも、母に捧げたい」

VAR判定により、主審のマイク・ディーンがピッチサイドのモニターを確認後にPKが与えられたため、マタがゴールを決めるまでに長い時間を要した。フアンは、いつもPKキッカーを務める親友のブルーノ・フェルナンデスにメッセージを送った。

「審判は時間をかけて確認していた。ピッチ上ではPKだと感じていたけれど、審判は時間をかけていた」

「待つのは簡単ではないけれど、良いPKになった。ゴールキーパーが動いた方とは反対側に蹴れたからね。ブルーノ、うかうかしていられないぞ」

おすすめ: