ユナイテッド

マタがMOMのジェームズを称賛

フアン・マタは、1-1のドローに終わったサウサンプトン戦で得点を決め、開幕からの4試合で3ゴールを決めたダニエル・ジェームズの貢献を称えた。

21歳のジェームズは、クラブ公式アプリで実施されたマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)投票に参加したファンの81%から支持され、MOMを受賞した。

マタは試合後「非常に良いゴールだった。ファンタスティックなフィニッシュだった。彼はハードワーカーなんだ」と、MUTVとのインタビューで語った。

「ウィングで多くをもたらしてくれた。後半も、みんなが疲れていた時にスプリントしていて、危険なクロスを上げていた」

「彼のゴールは嬉しいね。これからもっと決めてもらいたい」

先制点を含め、ジェームズはサウサンプトンを相手にシュートを5本放ち、その内3本はゴールキーパーのアンガス・ガンに防がれた。

前半はマタとのコンビネーションが光った彼だが、フアンもジェームズとの連携で得られるものが多いと言う。

「フットボールが楽になるね。彼は、スピードを生かしている」

「彼との1対1でボールを奪うのは、ディフェンダーにとって難しいと思う。もっと彼の力を生かすべき」

アウェイでの試合が続いたが、序盤のリードを守れなかった。マタも結果を残念がり、ポゼッションで上回る展開を生かすためにも、安定したプレーが必要と話す。

「勝ち点2を取りこぼした。サウサンプトンが良いプレーをするのも、良い展開を作るのもわかっていたこと」

「今日のような試合に勝って、マンチェスターに勝ち点3を持ち帰られないといけない。それができないとフラストレーションも溜まるし、また勝ち点2を落とした」

「先制して、ボールを保持できたら、試合のテンポを掴めているように思える。あとは勝負を決めるだけ。2点目を決めれば、それで勝負はあらかた決まる」

ユナイテッド
セント・メリーズでのマタ

ユナイテッドは、開幕から4試合を終えて勝ち点5にとどまっている。マタは、運に恵まれていたら、今より上の順位にいられたと信じている。

「開幕戦でチェルシーに4-0で勝った。特に後半が素晴らしかった。それでも、ウルヴズ戦では勝ち点2を取りこぼした」

「クリスタル・パレス戦の負けは受け入れるべきではないし、2度と起こるべきことでもない。今日も勝ち点2を失った」

「安定したプレーをして、勝てるようにトライしないといけない。続けて勝ち点3を取れるようにしないといけない。それが僕たちの目標」

「どの試合でも、実際より良い結果を手にするべきだった。ただ、そういう結果に値するという表現は不十分。勝たないといけないんだ」

クラブ公式アプリのダウンロードは、こちらから。

おすすめ: