ユナイテッド

チェルシーとの開幕戦勝利を狙うマタ

フアン・マタは、2019-20プレミアリーグの日程が発表されると、自然と笑顔になった。マンチェスター・ユナイテッドが、古巣であるチェルシーと開幕戦で激突することが決まったからだ。

開幕戦から感情が高ぶる試合でもあり、オーレ・グンナー・スールシャール監督がチームのパフォーマンスと結果を改善させる決意を持って臨むシーズンを始めるにあたり、強烈なメッセージを発信できるチャンスでもある。

プレシーズンでは、1試合はPK戦での勝利だったが、ユナイテッドは6連勝をマーク。好結果により、自信を持ってプレミアリーグ開幕戦に臨める。

オールド・トラッフォードで、7万6000人の大観衆の前でチェルシーに勝てれば、クラブに関わる全員の士気も上がる。

マタは「良いプレシーズンを終えて、ケガ人も少なくて、全員が準備を整えた状態。その上、ホームでチェルシーに勝てれば完璧なスタートになる」と語った。

ユナイテッド
チェルシーとの開幕戦、ツアー2019について語るフアン・マタ

「もし勝てたら完璧なスタートになるし、ファンも新シーズンへの興奮や期待を感じられる」

日曜の試合は、マタにとって特別な一戦だ。スタンフォード・ブリッジに在籍した2年半でチームメートだったフランク・ランパードが、今シーズンからチェルシーの指揮を執る。

彼らは、FAカップ、チャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグ優勝を果たした。フアンは、ブルーズの監督としてランパードが成功を収めることを願っている。ただし、M16での開幕戦を除いて、だ。

「フランクの監督就任は嬉しい。昨シーズン、ダービー(カウンティ)で素晴らしい仕事をしていたからね。それに、もちろんチェルシーは彼のホーム。適任だと思うし、彼がビッグクラブの監督に就任したのは嬉しい。彼なら準備ができているよ。良い友人だし、成功を願っている。でも、開幕戦以外でね」

「開幕戦でチェルシーと対戦するのは難しいチャレンジになる。彼らは新たなプロジェクトを進めていて、監督も変わって、選手も変わった。心機一転だね。今までもトッテナムや、他のビッグクラブと開幕戦で当たったこともあった。最終的には、どのチームが相手だろうと戦わないといけない」

フアン・マタ、フランク・ランパードについて 言う

チェルシーは彼のホーム。適任だと思うし、彼がビッグクラブの監督に就任したのは嬉しい。彼なら準備ができているよ。良い友人だし、成功を願っている。でも、開幕戦以外でね。

オフにユナイテッドとの契約を延長したマタは、クラブでの6シーズン目を迎える。若い選手が増えたチームにおいて、スールシャール監督は、マタの知識と経験が役に立つと考えている。

オールド・トラッフォードでメジャータイトルを獲得し、大好きなマンチェスターの通りをパレードすることこと、契約を延長した理由の一つだった。また、開幕戦をオールド・トラッフォードで迎えられることも、影響を与えた要因だった。

「契約を更新した理由でもあった」と、マタは言う。

「2週間か10日ごとにオールド・トラッフォードでプレーできるなんて、本当に素晴らしいこと」

「フットボール選手のキャリアにとっても、マンチェスター・ユナイテッドのようなクラブで何円もプレーできるなんて、本当に誇らしいことなんだ。新契約にサインした理由は多いんだ。でも、あのユニフォームを着て、オールド・トラッフォードでプレーすることが最大の理由かな」

フアン・マタ 言う

新契約にサインした理由は多いんだ。でも、あのユニフォームを着て、オールド・トラッフォードでプレーすることが最大の理由かな。

今シーズンからは、プレミアリーグでもビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が導入される。このシステムにより色々と変化が生じることが予想されるが、マタはポジティブな変化と考えている。

「試合が大きく変わるだろうね。ただ、線審がフラッグを上げてもゴールになる可能性があるわけだから、プレーを続けないといけない。ストライカーは、審判が笛を吹こうが、線審がフラッグを上げようが、フィニッシュさせないといけない。ディフェンダーは、守り続けないといけない。セットプレーに対する守備の仕方も変わるんじゃないかな」

「色々と変わるだろうから、準備するためにも、みんなで話し合わないといけないね。良いことだと思うよ。フットボールにとってポジティブなことだと思う。僕たちは、良い面も悪い面も経験したけれど、(VARの導入で)フェアになる。よりフェアになるなら、以前よりも良い。ただ、判定はこれまでよりも速くしてもらわないといけないね。そうしないと、試合の流れや感情の部分が失われてしまいかねない。でも、きっと上手く行くさ」

クラブ公式アプリを今すぐダウンロードしよう。

おすすめ: