ユナイテッド

ホーム戦績について語るトゥアンゼベ「修正が必要」

マンチェスター・ユナイテッドのディフェンダー、アクセル・トゥアンゼベは、週末のウェストブロムウィッチ・アルビオン戦から、今シーズンのプレミアリーグ、ホームゲームでの戦績を改善させる必要があると語った。

公式マッチデープログラム、United Reviewとのインタビューで、アクセルは今シーズンまだホームで未勝利という結果に驚いた。2019-20シーズンを含めれば、ユナイテッドはホームで6試合勝てていない。

ホームで勝てない理由について、アクセルは「説明できない」と正直に打ち明けた。今シーズンは今までにクリスタル・パレス、トッテナム、アーセナルと対戦しているが、いずれの試合にも勝てなかった。

「いつものようにプレーする必要があると思う」

「ファンのみんなにとってもそうだろうけれど、僕たちにとってもサプライズ。修正しないといけない」

ただ、アウェイでは絶好調を維持している。オーレ・グンナー・スールシャール監督のチームは、次のアウェイゲームで勝利を収めれば、敵地での連勝でクラブ歴代1位の記録を樹立する。

新型コロナウイルスの影響によりホームのアドバンテージを生かせていないが、アクセルはユースチーム経験者ならば、無観客試合も気にならないと話す。

「ファンはとても大きな存在」と、トゥアンゼベは続けた。

「今はチームメートとのコミュニケーションが全て聞こえる。対戦相手のファンによるプレッシャーも回避できている。(アウェイチームにとっては)やりやすいかもしれない」

「リザーブチームやユースでプレーしてきたのなら、ファンなしでプレーしているからね」

「唯一のアドバンテージがあるとすれば、相手よりピッチについてわかっていることくらい。ファンがいない状況の方が、アウェイでは勝ちやすいかもしれない」

以前ウェストブロムのライバルであるアストン・ヴィラに期限付き移籍していたアクセルにとって、バギーズのファンがいない状況で試合ができるのは好都合だという。

「(ウェストブロム戦での)一番の思い出は、(2019年5月の)プレーオフ準決勝で勝ったこと」

「PK戦にもつれた。相手のグラウンドだったし、とてもタイトで、熱の入った試合だった。彼らのファンは本当に乱暴だった!」

「でも、相手もプレミアへの昇格を狙っていたチームで、僕たちも尊敬していた。今回は勝ちたいよ。エヴァートン戦後の試合だし、弾みをつけたい」

おすすめ: