click to go to homepage
サー・バスビー

サー・バスビーの契約書初公開

マンチェスター・ユナイテッドは、サー・マット・バスビーがクラブと初めて結んだ契約書の原本を、オールド・トラッフォード・ミュージアムの貯蔵品に加えた。我々の歴史を変えた貴重な品がクラブに保管されることになる。

サー・マット・バスビーが1945年に初めてユナイテッドと結んだ契約書を、クラブはこのたびプライベート・コレクターのもとから譲り受けた(価格は非公開)。

この書類はこれまで一般公開されたことはなかった。しかし今後は、500を超えるメダルやトロフィーらとともに、クラブの140年の歴史を物語るミュージアムの貯蔵品のひとつに加えられる。

8ページにわたるこの契約書には、5年契約であることや、年棒675ポンド、住居支給についてといった契約内容の詳細が記されている。

契約書

マンチェスター・ユナイテッドの副会長エド・ウッドワードのコメント:

四半世紀にわたって監督としてこのクラブを率いたサー・マット・バスビーは、マンチェスター・ユナイテッドというクラブを大きく変えた。そしてこのクラブを世界に名だたるクラブへと押し上げた。

契約書
契約書にはサー・バスビーに住居が無料で提供されると記されている

1958年のミュンヘンでの飛行機事故から、その10年後の、イングランドのクラブで初のヨーロピアンカップ制覇まで、壊滅的な時期から頂点にいたるまで、サー・マット・バスビーはこのクラブの歴史の大きな部分を形成した。その業績は今後も語り継がれるべきものだ。

サポーターのみなさんも、このクラブの歴史を変えたこの遺物を、きっと堪能してくださることでしょう。

 

この契約書は5月25日(金)から公開される。オールド・トラッフォード・ミュージアムは毎日10:00から16:00まで開館。

関連キーワード