click to go to homepage
ポグバ

ユナイテッド 2-1 レスター・シティー

試合終了直前にジェイミー・ヴァーディに1点を返されたものの、ポール・ポグバの活躍でマンチェスター・ユナイテッドが2018-19プレミアリーグ開幕戦で勝利を収めた。ユナイテッドは、前半ポグバのPKで先制し、後半にルーク・ショーがシニア初ゴールを決め、2-1で勝ち点3を獲得している。

ジョゼ・モウリーニョ監督は、試合前日、ワールドカップに出場した選手を開幕戦で起用する可能性を示唆していた。そして、予告通りポグバがキャプテンマークを巻いて出場し、ロメル・ルカクもベンチに入った。新加入フレッジは公式戦デビューを飾り、プレシーズンで好調だったアンドレアス・ぺレイラも開幕戦で先発の座を勝ち取った。

たいていの場合、シーズン開幕戦ではプレミアリーグ特有のスピード感ある展開になるまでに時間を要するのだが、今季の開幕戦は違った。開始2分、アレクシス・サンチェスのシュートはウェズ・モーガンにディフレクトし、バウンドしたボールをダニエル・アマーティが腕で止めてしまい、主審のアンドレ・マリナーがユナイテッドにPKを与える。ポグバがレスターGKキャスパー・シュマイケルを相手にPKをトップコーナーに決めて先制。ポグバは、フランスのワールドカップ優勝に貢献してからわずか26日後のゴールになった。

ポグバはワールドカップ・ロシア大会でのようなプレーをすぐに取り戻し、守備でも貢献。レスターのフリーキックに対して適切なポジションを取って2度もボールを跳ね返し、ピンチの芽を摘み取った。その後レスターはケレチ・イヘアナチョにシュートを許すも、ダビド・デ・ヘアが守るゴールを逸れて流れる。

守備でチームを救ったのは、エリック・バイリーだった。レスターのフォワードにシャープな動きで対応。そして、ワールドクラスのデ・ヘアもジェームズ・マディソンのシュートをファインセーブで阻止してリードを守る。

前半ユナイテッドで最も長い距離を走ったフレッジも、パスを繋いでチャンスを演出。ショーの裏にもパスを通し、決定機を作った。

バイリーは、元マンチェスター・シティー所属のイヘアナチョを堅守で防いでゴールを許さず。その後ユナイテッドはポグバからのパスを受けたアレクシスからフアン・マタのシュートまで繋がるも、モーガンの腕に当たってディフレクトしてワイドに流れてしまう。レスターは、後半に交代出場したヴァーディがプレッシャーをかけたことでショーが対応を誤り、イヘアナチョへのクロスを出されたが、デ・ヘアが対応する。

ユナイテッドは、交代出場したルカクがゴール前でシュマイケルと1対1の状況を作り出したものの、シュートはファインセーブに阻まれてしまう。しかし、ファン人気の高いショーがファーサイドでリカルド・ぺレイラをかわしてシュート。これにはシュマイケルも反応しきれず、貴重な追加点を奪った。

レスターは、後半追加タイムにリカルドのクロスがポストに直撃し、詰めていたヴァーディが頭で押し込み1点を返したものの、ユナイテッドが新シーズン開幕戦で勝ち点3を獲得した。

ラインナップ

 ユナイテッド:デ・ヘア、ダルミアン、バイリー、リンデロフ、ショー、フレッジ(76分にマクトミネイと交代)、ポグバ(キャプテン、83分にフェライニと交代)、ぺレイラ、マタ、アレクシス、ラッシュフォード(67分にルカクと交代)

出場機会のなかったサブ:グラント、スモーリング、ヤング、マルシャル

得点:ポグバ(3分)、ショー(82分)

イエローカード:フレッジ、ぺレイラ

レスター:シュマイケル、ぺレイラ、マグワイア、モーガン(キャプテン)、チルウェル、グレイ、アマーティ(63分にゲザルと交代)、シウヴァ(80分にイボラと交代)、エンディディ、マディソン(63分にヴァーディと交代)、イヘアナチョ

出場機会のなかったサブ:ウォード、エヴァンス、フクス、アルブライトン

得点:ヴァーディ(90+3分)

イエローカード:アマーティ

ポグバ
中盤をコントロールしたポール・ポグバ

関連キーワード