ユナイテッド

ユナイテッド 1-1 エヴァートン

土曜日 02 10月 2021 15:26

プレミアリーグ土曜日のランチタイムに行われた試合で、マンチェスター・ユナイテッドはオールド・トラッフォードで1-1の悔しい引き分けに終わった。

ハーフタイムの2分前にアントニー・マルシャルの強烈な一撃でリードを奪った。しかし、65分にアンドロス・タウンセンドのゴールで同点に追いつかれた。

オーレ・グンナー・スー��シャール監督は、水曜日のチャンピオンズリーグでビジャレアルを2-1で破ったときのチームから、メンバーを一新して今節に挑んだ。

マルシャルが先制点をあげるなど、このメンバー交代が功を奏したかと思われた。だが、ミッドウィークのヒーロー、クリスチアーノ・ロナウドをベンチから起用したにもかかわらず、ユナイテッドは再び終盤に劇的な展開を作なかった。さらに85分にはエヴァートンのジェリー・ミナに逆転ゴールを決められたかと思われたがVARでノーゴールと判定されるなど、ハラハラドキドキの展開だった。

前半 - マーシャルが見事にゴールを決める

今節のメンバーで注目されたのは、チャンスを与えられたマルシャルとエディンソン・カバーニ。2人は前半に見られた2度のチャンスで、鋭い反応を見せた。

6分、アーロン・ワン・ビサカのクロスにマルシャルが合わせようとしたものの、あと数センチ足りない。なんとか頭で合わせたとはいえ、ヘディングシュートは大きく外れた。

21分には、フレッジのロングクロスにカバーニが反応。ボックス内でフリーになっていたカバーニが反応。こちらも頭で合わせたが、ゴールキーパーのジョーダン・ピックフォードに弾き返されてしまう。

その間にも、メイソン・グリーンウッドからの低いクロスがあったが、ユナイテッドの選手がいなかったため、シュートまで持って行けなかった。

序盤から攻勢だったとはいえ、ユナイテッドでFAユースカップ優勝経験のあるマイケル・キーンが、アンドロス・タウンセンドのフリーキックからヘディングシュートを放つなど、エヴァートンにもチャンスを作られてしまう。

29分には、スコット・マクトミネイとミナが口論となったが、マイケル・オリバー主審はカードを出さずに事態を収拾した。

33分、チャンピオンズリーグで活躍したダビド・デ・へアが、デマライ・グレイのシュートをセーブ。

そして43分、マルシャルが強烈なシュートを決めて均衡を打破。グリーンウッドとブルーノ・フェルナンデスのコンビネーションから、左サイドでボールを受けたマルシャルが右足でシュートを決めた。

後半 - 同点

スールシャール監督は、56分にマルシャルとカバーニに代えて、ロナウドとジェイドン・サンチョを投入し、早々に2人を交代させた。

しかし、後半最大のインパクトを与えたのはエヴァートンで、65分に同点に追いつく。フェルナンデスのコーナーをクリアすると、素早く前線に駆け上がり、ユナイテッドにプレッシャーをかけていく。

グレイとドゥクレは、セットプレーからのリカバリーのために奔走するユナイテッドの選手たちを引き伸ばし、タウンセンドがボックス内で冷静にシュートを決めて1-1。

監督は70分にフレッジに代えてポール・ポグバを投入。オーレが好むテンポではなかったかもしれないが、オープンな試合展開で、見る者を興奮させた。

74分にロナウドがシュートを放つも、これは枠外。

81分にはサンチョとのコンビネーションからポグバが右足でシュートを放ったが、これはわずかに外れた。その2分後、ポグバが再びチャンスを得たが、フェルナンデスのコーナーキックを頭で押し込むことができない。

85分にはエヴァートンがカウンターからミナがシュートを決めたように見えた。しかし、VAR判定により、ミナのゴールは取り消され、オールド・トラッフォードのファンは安堵した。

ロナウドは終盤、サンチョに決定的なチャンスを与えたが、ボールに上手く力が伝わらず、ピックフォードがに簡単に止めてしまう。

ミッドウィークのドラマを再現することはできず、ドローで終わった。

試合情報

ユナイテッド:デ・へア、ワン・ビサカ、リンデロフ、ヴァランヌ、ショー、フレッジ(70分にポグバと交代)、マクトミネイ、グリーンウッド、フェルナンデス(キャプテン)、マルシャル(56分にサンチョと交代)、カバーニ(56分にロナウドと交代)

出場機会のなかったサブ:ヘンダーソン、バイリー、アレックス・テレス、リンガード、マティッチ、ファン・デ・べーク

得点:マルシャル(43分)

イエローカード:グリーンウッド

エヴァートン:ピックフォード、キーン、アラン、グレイ(91分にドビンと交代)、ディーニュ(キャプテン)、ミナ、タウンセンド、ドゥクレ、ゴッドフリー、ゴードン(72分にデイヴィスと交代)、ロンドン

出場機会のなかったサブ:ベゴヴィッチ、ロナーガン、ケニー、ホールゲート、グバミン、ブランスウェイト、ウィテカー

得点:タウンセンド(65分)

イエローカード:ドゥクレ

おすすめ: