ペリスティリ

ファクンド・ペリスティリの期限付き移籍を検討

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督は、1月の移籍期間中にファクンド・ペリスティリの期限付き移籍を検討していると明かした。

ウルグアイ人ウィンガーは、10月にペニャロールからレッズに入団して以来、U-23チームの試合に出場しながらイングランド流フットボールのペースやフィジカルを習得している。

今月初めには新型コロナウィルスに罹患したがすでに回復。オーレはシェフィールド・ユナイテッド戦に向けた会見の席で、ファーストチームのフットボールに順応するため、期限付きで移籍させることを検討していると話した。

「話はしている。実際、ファクンドを期限付きで獲得したいと申し出ているクラブもいくつかある」

「おそらくこの方針で進めるだろう。彼はまだリザーブ戦に数試合でただけなので、より高いレベルで実戦を経験させたいと考えている」

一方、同じウィンガーのアマド・ディアロについては別のプランを考えている。

コートジボワール人MFは、ファクンドから3ヶ月遅れて今月ユナイテッドに加入。プロフェッショナルレベルでの出場経験も少ないが、オーレは、アマドがメンバー入りする日は遠くないと話した。

「アマドについては別のシナリオを考えている。彼は入団したばかりで、ここまでのトレーニングの経過もものすごく順調だ。

「彼がメンバー入りする日はそう遠くないだろう」。

おすすめ:

  • 20-21 FAカップ4回戦ハイライト動画