オーレ

目指すは打倒レスター!

オーレ・グンナー・スールシャールは、日曜のレスター・シティー戦では、マンチェスター・ユナイテッドは勝ち点3を取りに行く、と繰り返した。

現在レッズは、プレミアリーグでフォクシーズとは1点差で3位につけている。キングパワー・スタジアムであと1ポイントをとれば、来シーズンのチャンピオンズリーグ出場が確定する。

仮に負けた場合は、チェルシーがウルヴズに敗れる必要がある。オーレは、ユナイテッドは無難な結果を求めるのではなく、勝利を目指してレスターに赴くと断言した。


「この試合を楽しみにしている。我々は自分たちで、来季のチャンピオンズリーグ出場権を獲得できるチャンスを手に入れた」金曜に行われたビデオ会見でリポーターたちに語ったオーレ。

「結果を計算して試合に臨むようなことはすべきでない。ただひたすら、ハイレベルのパフォーマンスをすることだけを考えて挑むよ。

そのためには試合を支配すること。そして彼らを破る。そのアプローチを変えるつもりはない。試合に勝つつもりでレスター戦に挑む」。

レッズは、1月にバーンリーに敗れて以来、13試合無敗を継続している。そして、その数字が14に達したとき、それはレッズが来季のチャンピオンズリーグ出場権を獲得したことを意味する。

試合が再開してからの8試合のうち、ユナイテッドは4試合で相手に先制を許した。しかしそこから逆転して、計勝ち点6を手に入れた。指揮官は、そうしたメンタル面の強さが向上したことを高く評価し、それが日曜の試合でも発揮されるだろうと確信している。


「フォーカスすること、そして集中すること。それがフットボールにおいて重要なポイントだ。クオリティーの高いチームや選手たちと対戦するときは、一瞬の気の緩みが命取りになる。

自分たちが何をすべきかしっかり認識して挑むこと。まだ仕事は終わっていない。今シーズンは、もう1試合残っているのだ。

メンタル的にも、ここまで長い道のりをたどってきた。その中で、我々は打たれ強さと強靭さを発揮してきた。たとえば相手に先制点を奪われたときのようにね。私はこのチームが見せてきた、その成長ぶりを非常にうれしく感じている」。

レッズのギアで応援しよう!2019-20シーズンのキットをセール価格で販売中。購入はこちらから。商品は在庫限りなのでお早めに。

おすすめ: