ユナイテッド

オーレが21-22開幕戦を総括

土曜日 14 8月 2021 16:17

オーレ・グンナー・スールシャール監督は、2021-22シーズンのプレミアリーグ開幕戦でマンチェスター・ユナイテッドがリーズ・ユナイテッドに5-1で勝利した結果を喜んだ。

レッズの素晴らしいプレーにシアター・オブ・ドリームスが沸き立つ中、監督はチームが決めたゴールを称えた。

MUTV、BT Sport、そして記者会見でオーレが語った内容は、以下の通り。

ユナイテッド 5-1 リーズ article

ブルーノ・フェルナンデスのハットトリック、メイソン・グリーンウッド、フレッジにもゴールが生まれ、開幕戦で大勝。

チーム全員での努力

観客、選手、スタッフ、コーチなど、全員を称えたい。すべてが完璧で、開幕戦でこのような結果とパフォーマンスを得られたことは、大きな自信になる。今日は自分自身を褒め称え、勝利を味わうべきだ。明日からはまた次の試合に向けて練習する。

プレッシャーとは?

サー・アレックスがいつも言っていたのは、楽しむこと、自分を表現すること。75,000人の観客と何百万人ものテレビ視聴者の前でプレーするという特権とプレッシャーを楽しまなければならない。ハードワークができるのはわかっていたが、フィットネスレベルについては100%の自信があったわけではない。それでも、最終的には笑顔になれた。

メイソンは成長した

2点目のゴールを決めたときの彼の飛び出し方。2年前にトップチームにいた少年と比べると、彼は一人前になった。プレシーズンでフィットネスを向上させてくれたことを嬉しく思う。

ポグバへのメッセージ

ポールとは、彼が子供の頃から素晴らしい関係を築いてきた。エヴァートン戦では45分しかプレーできず、ベストな状態ではなかったので、今日は「外に出て楽しんでこい」と伝えた。彼には行きたいところに行き、ボールに触れるという自由を与えた。1試合で4アシストというのはいつ以来か覚えていないが、ポールはそのクオリティーを持っているし、選手たちが積極的に走って他の選手のためにスペースを作ってくれれば、それが可能になる。

スコットは野獣

スコットが走り出しは大きかった。彼はプレシーズン中、20分以上プレーしたことがなかった。それもセンターバックでのプレーだった。彼を温存していたんだ。スコットはフィジカル面でも優れている。彼は一日中だって走れるし、立派な青年だ。彼は素晴らしい選手。

ようこそ、ラファエル! 動画

ようこそ、ラファエル!

ラファエルお披露目の瞬間を見よう!

順調な滑り出し

リーズだからというわけではないが、私はチームのプレーを見たい。選手が走り、前に出て、リスクを冒す姿を見たい。良い状態に見えるかもしれないが、中にはまだ45分以上プレーしていない選手もいた。

サポーターも役割を果たした

マジック、まさにマジック。これは選手たちにとっても大きい。この雰囲気は、特別なエッジとエネルギーを与えてくれる。チームトークやチームスピリットからは得られないものだ。後半のようにゴールを決めたときは、世界最高の気分になれる。この1年半は不思議なことに、(ファンとの)交流はメディアやテレビでの試合観戦だけに限られていた。つながりを感じることができなかった。ファンと再び繋がれるのは重要。これがマン・ユナイテッド。これが本当のマン・ユナイテッドだ。エディンソン(カバーニ)にアピールしたチームだ。ファンのいないところで1シーズンプレーしただけで、離れるわけにはいかないよ。マン・ユナイテッドとは、ファンと選手、そして全員が一致団結するチームなんだ。

おすすめ: