ユナイテッド

2020-21最終節チームニュース

マンチェスター・ユナイテッドは、日曜日のウルブズ戦でプレミアリーグのシーズンを終える。

ユナイテッドは、史上初のアウェー無敗でのリーグ戦終了を目指しているが、オーレ・グンナー・スールシャール監督のチームはすでに2位を確保しており、タイトル獲得のチャンスも残されている。

来週水曜日の夜、グダニスクで行われるヨーロッパリーグの決勝で、ビジャレアルと対戦するのだ。

欠場が続いていたダニエル・ジェームズが最終節に間に合ったのは朗報だろう。膝の怪我からの復帰を目指しているアントニー・マルシャルは、まだ出場できる状態ではない。

キャプテンのハリー・マグワイアも欠場するため、決勝出場の可能性はますます低くなっている。

若手に活躍の場が与えられるかもしれないが、ミッドウィークのフルアム戦で負傷したフレッジとスコット・マクトミネイが出場可能であることを考えると、監督には十分な選択肢があるといえる。

「ダンは出場するだろう」とオーレはAonトレーニングコンプレックスでMUTVのマーク・サリバンに語った。「残念ながら、アントニーはこの試合に出場できない。ハリーとアントニーは決勝に間に合うよう努力している。ただ、彼らはしばらく欠場が続いている」

「彼(ハリー)と我々とリカバリーを行い、休養を取っている。まだハードな練習ができる状態ではない。まだ歩いている状態だ。歩く状態からフットボールをプレーするまでの道のりは長い」

記者会見で、監督はマグワイアについてこう付け加えた。「しかし、何度も言っているように、最後のトレーニングである火曜日の夜まで、彼が出場できるかどうかを見極めるつもりだ。着実に、しかし確実に、彼は改善している。ただ、靭帯の回復には時間がかかる」

ウルヴズ情報

ヌーノ・エスピリト・サント監督は、シーズンが終わりに近づくにつれ、メンバーを入れ替えている。頭蓋骨の骨折で長期離脱していたラウール・ヒメネスの出場を期待していたが、ペドロ・ネト、ジョニー・オットー、ダニエル・ポデンスとともに最終節も欠場する。

モリニューでは1万人のファンが来場予定だが、オーウェン・オタソヴィーも出場できない状態。そのためヌーノ監督は、ミッドウィークに行われたエヴァートン戦のメンバーと同じメンバーで臨むとしている。

4シーズンに渡りウルヴズを率いてきたヌーノ監督は、この試合が同チームの監督して最後の試合になることを明らかにしている。

おすすめ: