ユナイテッド

ラルフはチームを成功に導けるか?

火曜日 25 1月 2022 13:44

シーズン途中で監督に就任し、プレースタイルやチームのアイデンティティを急激に変化させることは、どんな監督にとっても簡単なことではない。

暫定監督に就任したラルフ・ラングニックも例外ではなく、このタスクは極めて難しいのは承知していたはずだ。インターナショナルブレークで一息つける貴重な機会を得た今、成長が実感できるポイントをおさらいしておきたい。

2月をトップ4で迎えられるのは明らかにポジティブな要素だ。しかし、楽観的になれる理由は他にもある。

まず、監督は起用する選手の能力を見極めることを約束した。

大興奮のセレブレーション 動画

大興奮のセレブレーション

劇的決勝弾に歓喜するセレブレーションを見よう

ラルフが指揮を執って以来、31人の選手が出場機会を得ており、その中にはアカデミーのジダン・イクバルとチャーリー・サベージという2人のルーキーも含まれている。

最も多く起用されて��るのアウトフィールドプレーヤーはメイソン・グリーンウッドで、10試合すべてに出場。次に多く起用されているのは8試合に出場しているディオゴ・ダロトだ(ダビド・デ・へアは9試合に出場。ヤングボーイズとの試合を欠場したのみ)。

ダロトとアレックス・テレス(6試合出場)は、より多くの試合に出場している。怪我や病気を考慮する必要はあるため、ラングニックを非難することはできないだろう。ポール・ポグバも負傷から復帰すればメンバー候補の一人に含まれる。来月中にポグバが復帰できると願っている。

ラルフ体制になっての10試合の結果は6勝1敗3分。これをプレミアリーグに限ってみると、8試合で5勝1敗2分となる。多くが同意するように、改善の余地はある。ただ、これからも厳しい課題が待ち受けているとしても、有望な数字であることは間違いない。

2022年の初戦となったウルヴズ戦の敗北には批判もあったが、勝ち点の面では確かなスタートを切ることができた。

この期間中に4回のクリーンシートを達成しているが、そのうち3回はホームで達成しており、オールド・トラッフォードのディフェンスを破るのが難しくなってきていることを示していると言えるだろう。バーンリーとブレントフォードには3点リード後に1点を献上したが、守備での成長は確実に見て取れる。

実際、ラングニックは就任後初戦のクリスタル・パレス戦の後、この点を指摘していた。ホームでの完封は今季初、全大会では4度目となるが、守備については改善が必要だった。

確かに、アストン・ヴィラ戦で2点のリードを許したのは痛恨の極みだが、暫定監督の下で1試合に複数のゴールを許したのはこれが唯一のケースだ。

21-22 サブゴール集 動画

21-22 サブゴール集

交代出場でゴールを決めたシーンを集めた。

ミッドランズでの試合で注目すべきは、ラルフが「リードしていた後半に引き締めなかったのは間違いだった」と認めたことだ。次のブレントフォード戦では、彼は状況を一変させ、3-1の勝利に導いた。そして前回の試合では、3人の交代選手が連動し、マーカス・ラッシュフォードの劇的弾で会場を沸かせたのだ。

チームマネジメントは、時に感謝されない仕事だが、スタッツを見れば交代選手が大きなインパクトを与える能力があるという見解を裏付けている。ボスはベンチを活用する際にいくつかの賢明な判断を下しており、これは常に我々のゲームマネジメントの重要な部分を占めている。時には、ラングニックの手法やコーチング哲学のテーマでもある「コントロール」のために重要だ。

例えば、ブレントフォード戦のように、リードを守るためにディフェンダーを追加。ネマニャ・マティッチが4バックの盾となって中盤で蓋をした。あるいは攻撃時の新鮮な足が前へのスパイスとなるかもしれない(ラッシュフォードはここ2試合、ベンチからの出場で得点を挙げている)。ひとつ確かなことは、ユナイテッドがウェストハム戦の大半を支配し、試合開始時点で4位だった相手にほとんどチャンスを与えず、2ヶ月連続でクラブ月間最優秀選手賞を受賞したデ・ヘアのセーブに頼らずに済んだ。

ハマーズ戦で引き分けていた場合、ユナイテッドのプレースタイルに変化が見られたとしても、否定的な意見が多く聞かれたことは間違いないだろう。

基本に忠実に、デイヴィッド・モイーズ監督のチームとの対戦で、ユナイテッドは22回のタックルを決めた。これまでの最高は18回だったが、ハードワークをこなす相手からボールを奪おうとしていた証。ラルフが就任当初から指摘していたように、我々は安定した守備ができていた。

劇的な勝利は雰囲気を一変させる。願わくば、もっと攻撃力を高め、相手のゴールを脅かすようなコントロールが見たい。しかし、これらはキャリントンの練習場で改善できる次の要素だと感じている。

ラッシュフォードの得点で勝った土曜の勝利の前から、ポジティブな兆候はあった。あの魔法のような瞬間から得られるアドレナリンと興奮が、ラルフのプレースタイルをさらに実践するプロセスを加速させることを期待したい。我々は、確実に正しい方向に向かって前進している。

この記事に記載された意見は筆者のものであり、必ずしもマンチェスター・ユナイテッド・フットボール・クラブの見解を示すものではありません。

おすすめ: