ユナイテッド

ラングニックが初戦を総括

日曜日 05 12月 2021 18:09

マンチェスター・ユナイテッドのラルフ・ラングニック暫定監督は、1-0で勝利した日曜日にオールド・トラフォードで行われたクリスタル・パレス戦での選手たちのパフォーマンスを称賛した。

ラングニック監督は、プレミアリーグの試合前に1回だけチームとのトレーニングを行ったが、伝えたメッセージを選手たちが理解していたことを喜んだ。

特に新しいフォーメーションでイーグルスをコントロールし、シアター・オブ・ドリームスで���要なクリーンシートを達成したことを高く評価している。

監督は、決勝点をあげたフレッジについて、試合後のインタビューで何度か触れ、彼を称えた。

ラングニックの評価
全体的には満足している。昨日はフルでトレーニングできなかったことを考えると、彼らがピッチ上で多くのものをもたらしてくれた結果に驚いている。選手たちとは、個人、そしてグループとしても何度か話をした。最初の30分は、ハイスピード、ハイテンション、ハイテンポで素晴らしかったと思う。試合中は常に前に出ていた。唯一足りなかったのは、1点、2点、3点とゴールを決められなかったこと。そして30分から45分まではテンポが少し悪くなったが、まだコントロールできていた。ハーフタイムには、速いテンポを保ち、インテンシティを高く保ち、相手を自陣にとどめ、自陣と自陣のボックスから遠ざけようと伝えた。最終的にはフレッジが力強い右足で美しいゴールを決めてくれたよ(笑顔)。すべて順調だよ。最後の3分間は、明らかに相手がコーナーキックやフリーキックでリスクを冒してきたが、上手く対応できた。

選手たちへのメッセージ
相手をゴールから遠ざけ、一貫してプレッシャーをかけ続け、ボールを追いかけ、ボールを獲得することが重要だった。私たちはこれまでと少し変わったフォーメーションを採用したが、変えた部分は些細なところのみ。マーカスとクリスチアーノの2人のストライカーを前線に置き、ジェイドンとブルーノを10番のポジションにして、それ以外のメンバーはいつもと同じポジションでプレーした。クリスチアーノが前線でパートナーを持つことで、ピッチの中央でコントロールできる方がいいと考えた。それがうまくいったと思う。
ゲームのコントロール
誰もが目にしたこと。テレビで試合を見たときも、会場で観戦したアーセナル戦でも、試合のある時間帯に少し不安定なプレーが見られたが、今日は試合をコントロールできているように感じた。回復するための日数が相手より2日少なかったことを考えれば、選手たちがゲームに注いだエネルギーはさらに評価されるべきだ。

フレッジへの愛情
みんなフレッジが好きなんだ。愛されるべき存在だよ。彼と会ってまだ2日しか経っていないが、彼は太陽のような存在だ。

重要なクリーンシート
ウチの選手は常にゴールを決められる。今日は少し我慢しなければならなかったが、私たちは点を取れる。だからクリーンシートを維持できれば、たしか今日は今季3回目のクリーンシートだったと思うが、あなたが言うように我々は試合に勝てる。

楽しい経験
素晴らしい雰囲気だね。10年前にここに来たことがあり、その後、5年前と3年前にも何度か試合を観戦した。しかし、今、自分がここで責任を負うことになって、彼ら(ファン)がチームに力を与えてくれる。困難な状況でもチームを助けてくれる。それは素晴らしいこと。比類のないことだと思う。

おすすめ: