ヴァランヌ

監督がヴァランヌの移籍手続きに関して言及

金曜日 06 8月 2021 12:49

オーレ・グンナー・スールシャール監督が、ラファエル・ヴァランヌのマンチェスター・ユナイテッド移籍手続きに関する進捗状況について語った。

7月27日、ユナイテッドはレアル・マドリーとの間で、ワールドカップ優勝経験を持つ28歳のヴァランヌの獲得に関して合意したことを発表。

ファンたは、2021-22シーズンにヴァランヌがユナイテッドに加入するという見通しに興奮し、クラブOBも反応を見せた。

デイヴィッド・メイは「ヴァランより優れたディフェンダーはいない」と言い、パディ・クレランドは「上品なリオ・ファーディナンド」と称賛。

ブルーノからの朗報 article

ブルーノ・フェルナンデスが、コンディションについて語った。

ボス自身もラファエルを「実績のある勝者」と称している。これだけ称賛されれば、サポーターが今後の展開を知りたくなるのも無理はない。

セント・アンドリュースの練習場で行われたクラブメディアとのインタビューの中で、監督は移籍の最終確認が書類上の問題で少し遅れていると説明した。

しかし、ヴァランヌがマンチェスターで活躍できるように努力していること、そして、早く手続きが完了することを望んでいると述べた。

スールシャール監督は「Brexit(英国のEU離脱)やその他のことで、事務処理が必要になっているんだ。でも、政治的な話はしたくない」

「ビザの件で数日かかったが、彼はコンディションを整えている」

「もちろん、最初にメディカルチェックを受けなければならないが、それがすぐに終わることを願っているよ」

また、ESPNとのインタビューでは、土曜日に行われるエヴァートンとのプレシーズン最終戦に、ヴァランヌと新加入ジェイドン・サンチョが出場する可能性を否定したようだ。

しかし監督は、来週末オールド・トラッフォードで行われるリーズとの開幕戦で、2人がメンバー入りする可能性があると楽観視している。

「彼らはまだ我々と一緒にトレーニングをしていないし、彼らの状態を見る必要がある」とオーレはロブ・ドーソンに語った。「しかし、できれば(リーズ戦で)ベンチ入りさせたい」

おすすめ: