click to go to homepage
監督

チェルシー戦前最新チーム情報

ジョゼ・モウリーニョ監督は、アンデル・エレーラを含め、コンディションが整っているマンチェスター・ユナイテッドの全選手が土曜に行なわれるチェルシーとのプレミアリーグ戦に出場可能と勝った。

今季2回目のインターナショナルウィーク明けの一戦は、スタンフォード・ブリッジでのランチタイムに行なわれる(日本時間20:30試合開始)。

ユナイテッドでは、インターナショナルウィーク中にディオゴ・ダロト、マルアン・フェライニ、ネマニャ・マティッチ、スコット・マクトミネイ、ルーク・ショーが負傷。ジェシー・リンガード、エレーラ、マルコス・ロホは直近の試合を欠場した。

試合前日会見の前に、AonトレーニングコンプレックスでMUTVのマーク・サリバンとのインタビューに応じた監督は、足首の負傷により戦列を離れていたエレーラが、チェルシー戦に出場可能と語った。

エレーラ
エレーラは9月25日のカラバオカップ戦(ダービー)から欠場を続けている

「出場可能な全選手をメンバーに選択する」と、監督。「(インターナショナルウィーク中)数選手が残っていたので、彼らと練習をしていた。皆さんも知っているだろうが、代表戦(セルビア)も観戦しに行った」

「それからは、代表から戻ってくる選手たちの帰りを待っていた。良い状態で戻り、代表戦の結果に満足して帰ってきた選手もいれば、負傷して戻ってきた選手もいた。選手の負傷については以前から把握していたので、チームに戻してくれた代表チームの判断は正しかった」

「ケガをしているとは知らなかった選手もいた。驚いたが、軽くはないケガを負って戻った選手もいた」

3-2で逆転勝利を収めたニューカッスル戦を欠場した選手で復帰できる選手がいるかを聞かれた監督は「エレーラのように、出場可能な状態になるために努力する選手もいる。彼は2日間練習した。チームの現状を考えれば、復帰に向けて前進している。チームの力になってくれる準備は整っている」と、答えた。

チェルシー情報

 マウリツィオ・サッリ監督も、金曜日の会見で負傷者に関する情報を明かしている。

ウェールズ代表のイーサン・アンパドゥはヒザに問題を抱えているものの、フォワードのカラム・ハドソン=オドイ、ロス・バークリーの状態はアンパドゥよりは軽い。

股関節を痛め、ドイツ代表から離れたアントニオ・リュディガーの出場は微妙のようだが、サッリ監督は、リュディガーとマテオ・コバチッチはここ数日の練習で状態が上向いているため、プレー可能と考えている。

ベルギー代表のエデン・アザールは、開幕からの10試合でチーム最多となる8ゴールを決め、9月のプレミアリーグ月間最優秀選手賞に輝いた。

クラブ公式アプリをダウンロードして、ManUtd.comにはない限定コンテンツをチェックしよう。ダウンロードは、こちらから

チェルシー戦に向け準備万端のマタ article

マタが古巣チェルシーとの対戦前に、MUTVとのインタビューで今節への意気込みを語った。

ルーク・ショーが新契約にサイン article

ルーク・ショーが2023年6月までの新契約を結んだ。