click to go to homepage
監督

アレクシスが合流間近

マンチェスター・ユナイテッドのフォワード、アレクシス・サンチェスは、ロサンゼルスに到着後、サンノゼ・アースクエイクス戦に出場するかもしれない。

Aonトレーニングコンプレックスで調整を続けていたアレクシスの合流により、ユナイテッドの攻撃オプションは強化されるはずだ。

ジョゼ・モウリーニョ監督は、クラブ・アメリカ戦後「アレクシスの合流時期は重要だ。合流したら試合に出てもらう。チームがロサンゼルスに向かうまで、彼は我々と5日間トレーニングをこなした。マンチェスターで練習を続けるため、コーチを一人残してきた。個人練習だったが、到着したらプレーしてもらう」と語った。

サンチェス
ロサンゼルスに向かう機内でのアレクシス・サンチェス

アレクシスは、3選手で構成される前線でのポジション争いに臨む。1-1に終わったクラブ・アメリカ戦では、アントニー・マルシャル、フアン・マタ、デミ・ミッチェルが先発出場し、若手のタヒチ・チョン、メイソン・グリーンウッド、アンヘル・ゴメスが交代出場した。リーヴァイス・スタジアムでの次戦では、さらに出場する選手が増えると見られている。

今回のツアーに参加しているロショーン・ウィリアムズ、ジェームズ・ガーナー、イーサン・ハミルトン、ジョシュア・ボーフイは、ファーストチームでの出場経験を望んでいる。ツアー中の親善試合はサンノゼ・アースクエイクス戦が最後で、それからインターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)が開幕する。

新加入のGKリー・グラントは、後半から出場したジョエル・ぺレイラと同様に、アントニオ・バレンシア、クリス・スモーリング、エリック・バイリー、ルーク・ショーの最終ライン後方で好パフォーマンスを披露した。ダビド・デ・ヘア、フレッジ、ネマニャ・マティッチは来週チームに合流する予定だ。

アルゼンチン出身のセルヒオ・ロメロ、ポルトガル出身のディオゴ・ダロトは、ツアー初戦を欠場。ダロトは今回のツアー中は試合に出場しない予定で、9月まではプレーできないと見られている。

ロメロ
ツアー初戦を欠場したセルヒオ・ロメロ
サンノゼ・アースクエイクス戦は、日本時間23日(月)6:00から試合開始予定。ICCは、現地25日のACミラン戦から開幕する。