ユナイテッド

チームにリーダーシップを求めるオーレ

オーレ・グンナー・スールシャールk監督は、マンチェスター・ユナイテッドのディフェンダーたちに、負傷したキャプテン、ハリー・マグワイアの穴を埋めるために奮闘するよう呼びかけている。

先週日曜日のアストン・ヴィラ戦で足首の靭帯を損傷したキャプテンは、レスター・シティとリヴァプールに連敗したオールド・トラフォードでの試合を、松葉杖と保護ブーツを履いてサー・ボビー・チャールトン・スタンドで観戦することを余儀なくされた。

マグワイアのいない180分で、ユナイテッドは6失点を喫した。チームは今後、パンデミックの影響で14ヶ月ぶりとなる1万人のファンを前にフルハムと来週火曜日にホームで対戦し、5月23日にモリニューでウルブズと対戦してプレミアリーグのシーズンを終える。

ハイライト:ユナイテッド 2-4 リヴァプール動画

ユナイテッドは、シーズン末の厳しいスケジュールの中にいますが、監督は火曜日にフルアムと対戦するまでの時間を、失点の原因解消に使いたいと考えている。

「ここ数日は、肉体的にも精神的にも回復させるためにうまく使うつもりだ。そして、フルアム、ウォルバーハンプトン、そしてヨーロッパリーグの決勝戦に向けて準備をしなければならない」と語った。

「我々はもっとエネルギーを持つべきだ。エネルギーがあればプレスも良くなり、プレスが良ければチャンスも減る。我々のフォワードはプレスに多くのエネルギーを費やしている。今はシーズンの終わりであり、非常にハードな1週間の終わりなので、最近はあまり見られなかったかもしれない」

「しかし、私たちはそれに取り組み、セットプレーの細部をブラッシュアップし、セットプレーがフットボールに不可欠であることを選手たちに意識させていく。フットボールでは、少なくとも3分の1のゴールが(セットプレーで)奪われている。でも、我々はもっと上手く対応できるし、そうすればもっと良くなる」

「今日の失点は、明らかにセットプレーによるもので、これは我々が十分に守れていない状況であり、そこからの失点があまりにも多いため改善しなければならない」

今日の出来事

シーズン終了後に投票できる賞の候補を紹介。

昨日の出来事

ユナイテッドは、オールド・トラッフォードでリヴァプールに4-2で敗れ、残念な結果となった。

おすすめ: