click to go to homepage
アルビストン

バイオグラフィー

抜群の安定感を誇ったスコットランド人左サイドバック。マンチェスター・ユナイテッドでの出場試合数は、いまだにクラブ歴代上位の記録となっている。

約10年もの間、ユナイテッドでレギュラーポジションを守り続けたアーサー・アルビストンは、その間に3度のFAカップ優勝を経験。スコットランド代表としては14試合に出場し、地味ながらも堅実なプレーで多くの称賛を集めた。 練習生としてユナイテッドに加わったのは1972年7月。2年後にはプロ契約を交わし、1974年10月9日のリーグカップでトップチーム初出場を果たした。オールド・トラッフォードに5 万5000人もの大観衆が詰め掛けたこの一戦では、マンチェスター・シティーを相手に見事な勝利を収めている。 その6日後には、敵地ポーツマスでリーグ戦へのデビューを飾った。ただし、トップチームのレギュラーとして大きく羽ばたいたのは、1976-77シーズンに入ってからのことだった。 転機が訪れた1977年。ステュアート・ヒューストンの負傷により、FAカップ決勝のリヴァプール戦という大舞台でも出場機会が巡ってきた。 アルビストンは見事なパフォーマンスで2-1の勝利に貢献し、自身初の優勝メダルを手に入れる。そして先輩への気遣いからメダルを手渡そうとしたものの、この申し出はヒューストンに断られてしまった。 それから数シーズンの間は、ヒューストンと激しいポジション争いを繰り広げた。しかし、最終的にレギュラーの座を射止めたアルビストンは、ユナイテッド不動の左サイドバックとして1980年代を駆け抜けることになる。 ユナイテッドには1974年から1988年まで在籍し、計485試合に出場して7得点を記録。FAカップ決勝には4回出場し、当時クラブ最多となる3度の優勝を経験した。 しかし、国際舞台での実績が少なかったことにも表れているように(スコットランド代表としてわずか14キャップ)、アルビストンは地元オールド・トラッフォード以外でそれほど高い評価を受けることができなかった。 とはいえ、そのプレーを何度となく見届けているサッカーファンなら、そうした過小評価に意義を唱えることだろう。ユナイテッドの輝かしい歴史を振り返っても、アルビストン以上に優れたサイドバックは数えるほどしかいない。

省略を読む About アーサー アルビストン
  • ポジション

    ディフェンダー

  • Scottish

  • 生年月日

  • 入団

  • ユナイテッドでのデビュー

    vマンチェスター・シティ(H) リーグカップ

  • 退団

最新

Joueurs clés
ウェイン・ルーニー 言う

チームにはポグバ、マルシャル、ラッシュフォード、ルカクという選手がいる。試合の展開が良くなければ、彼らがチームを勝利に導くゴールを決める必要がある。それがチームを落ち着かせるんだ。

ルーニー

ルーニー「クリスマス時期で決まる」 Article

今回のインターナショナルブレーク明けから数週間の戦績が今季の行方を決める可能性が高い。

ポグバ
ポール・ポグバ、Inside United 誌のインタビューにて 言う

「ユナイテッドでプレーすることはずっと夢だった。たくさん試合に出て、ゴールを決めたかった」

ルーニー

ルーニー「ユナイテッドが恋しい」 Article

現在アメリカのメジャーリーグサッカーでプレーするウェイン・ルーニーが独占インタビューに応じた。

リンデロフ

リンデロフが母国で栄誉 Article

ビクトル・リンデロフがスウェーデンの年間最優秀選手賞に選出

マルシャル

マルシャルが仏代表から離脱 Article

マルシャルが大腿部の負傷によりフランス代表を離脱

マタ

「今回のブレークはチーム分析のためのもの」 Article

マタがブログを更新。ユヴェントス、ダービーについて綴った。

エレーラ

前を向くエレーラの誓い Article

エレーラがシティー戦後、次節からの戦いについてコメントした。

監督

トップ4の可能性について言及 Article

モウリーニョ監督は、今季の目標がトップ4入りとシティー戦後に語った。

ポグバ

ポグバがダービーを欠場した理由 Article

ポグバはユヴェントス戦の最中に負傷したが、チームのために最後までプレー。その影響により、ダービーを欠場した。

監督

ダービーを総括 Article

モウリーニョ監督が、敵地で敗れたシティー戦を振り返った。

マルシャル

「マルシャルを諦めたことはない」 Article

監督が絶好調のマルシャルについて語った。

監督

監督「チームは成長している」 Article

監督がダービー前の会見でチームの成長について語った。

もっと見る