click to go to homepage
アルビストン

バイオグラフィー

抜群の安定感を誇ったスコットランド人左サイドバック。マンチェスター・ユナイテッドでの出場試合数は、いまだにクラブ歴代上位の記録となっている。

約10年もの間、ユナイテッドでレギュラーポジションを守り続けたアーサー・アルビストンは、その間に3度のFAカップ優勝を経験。スコットランド代表としては14試合に出場し、地味ながらも堅実なプレーで多くの称賛を集めた。 練習生としてユナイテッドに加わったのは1972年7月。2年後にはプロ契約を交わし、1974年10月9日のリーグカップでトップチーム初出場を果たした。オールド・トラッフォードに5 万5000人もの大観衆が詰め掛けたこの一戦では、マンチェスター・シティーを相手に見事な勝利を収めている。 その6日後には、敵地ポーツマスでリーグ戦へのデビューを飾った。ただし、トップチームのレギュラーとして大きく羽ばたいたのは、1976-77シーズンに入ってからのことだった。 転機が訪れた1977年。ステュアート・ヒューストンの負傷により、FAカップ決勝のリヴァプール戦という大舞台でも出場機会が巡ってきた。 アルビストンは見事なパフォーマンスで2-1の勝利に貢献し、自身初の優勝メダルを手に入れる。そして先輩への気遣いからメダルを手渡そうとしたものの、この申し出はヒューストンに断られてしまった。 それから数シーズンの間は、ヒューストンと激しいポジション争いを繰り広げた。しかし、最終的にレギュラーの座を射止めたアルビストンは、ユナイテッド不動の左サイドバックとして1980年代を駆け抜けることになる。 ユナイテッドには1974年から1988年まで在籍し、計485試合に出場して7得点を記録。FAカップ決勝には4回出場し、当時クラブ最多となる3度の優勝を経験した。 しかし、国際舞台での実績が少なかったことにも表れているように(スコットランド代表としてわずか14キャップ)、アルビストンは地元オールド・トラッフォード以外でそれほど高い評価を受けることができなかった。 とはいえ、そのプレーを何度となく見届けているサッカーファンなら、そうした過小評価に意義を唱えることだろう。ユナイテッドの輝かしい歴史を振り返っても、アルビストン以上に優れたサイドバックは数えるほどしかいない。

省略を読む About アーサー アルビストン
  • ポジション

    ディフェンダー

  • Scottish

  • 生年月日

  • 入団

  • ユナイテッドでのデビュー

    vマンチェスター・シティ(H) リーグカップ

  • 退団

最新

ロブソン

逆転劇トップ5 Article

2試合で決着がつくヨーロッパでの試合で大逆転勝利を収めたトップ5を厳選。

バルサ

1984年の勝因は騒音? Article

元ユナイテッド監督のロン・アトキンソンが1984年の激闘を振り返った。

オーレ

ギグスからオーレにアドバイス! Article

ギグスがカンプノウでのバルセロナ戦についてオーレにアドバイス

ギグス

「ここはやっぱり最高だ」 Article

ライアン・ギグスがウェールズ代表を率いてAonトレーニング・コンプレックスに見参

ネマニャ

マティッチが代表戦を欠場 Article

ネマニャ・マティッチはセルビア代表の2試合を欠場

アレクシス

バルセロナ戦出場を願うアレクシス Article

アレクシス・サンチェスは、バロセロナとの対戦までに復帰できる可能性がある

أليكسيس سانشيز
アレクシス・サンチェス Inside United とのインタビューで 言う

「僕がどれほどフットボールを愛しているかということを、みんなに見せたい。ユナイテッドは、イングランドの中だけじゃなく、世界的にも重要な存在感があるクラブだ。僕はサポーターのみんなに、トロフィーを捧げたい」

أليكسيس
アレクシス・サンチェス Inside United とのインタビューで 言う

「子どもの頃からユナイテッドが好きだった。本当なんだ。まだほんのちっちゃい頃からね。だから、その気持ちをここでしっかり表現したい。そしてみんなを喜ばせたい。そしてもちろん、勝利を手に入れたい」

ショー

ショーが負傷により代表を離脱 Article

ルーク・ショーは負傷によりチェコ、モンテネグロとの試合を欠場する。

マルシャル

マルシャルが代表を離脱 Article

アントニー・マルシャル以外にも、代表を離れたユナイテッドの選手が。

マティッチ

挽回を信じるマティッチ Article

ネマニャ・マティッチは、FAカップ敗退からユナイテッドが学び、再び勢いに乗れると語った。

監督

選手たちにメッセージ Article

オーレ・グンナー・スールシャール監督がインターナショナルブレークを挟む選手たちにメッセージを送った。

もっと見る