click to go to homepage
Cameron Borthwick-Jackson

キャメロン
ボースウィック・ジャクソン

期限付き移籍

バイオグラフィー

ボールタッチはエレガントながらハードタックラーの顔ももつキャメロン・ボースウィック・ジャクソン。ディフェンスラインの複数のポジションをこなし、ホールディングMFとしてもプレーする。しかし彼が一番しっくりくるのはセンターバックの左、あるいは左サイドバックだ。

地元マンチェスター出身のボースウィック・ジャクソンは、ユナイテッドにとって重要な存在となったが、イングランド代表でもU-19チームまで各世代でプレーしている。 ユナイテッドのU-21チームの一員として対ボルトン・ワンダラーズ戦でデビューした時、彼は弱冠16歳だった。 2013年のミルクカップでは、U-16チームで盤石な守備ラインを司り、2014年の同大会では2ゴールを上げてユナイテッドの連覇に貢献した。そのうちの一点は、ファイナルのヴァンデ戦での決勝ゴールだ。 14-15シーズンも順調に成長を続け、U-18チームで最多出場(31試合)を果たした。ゴールこそ1点に留まったが、ディフェンスでの安定したプレーに攻撃への意識が加わり、ポール・マクギネスコーチも「キャメロンはシーズンを通して成長し、進化し続けた」と彼を高く評価した。 15-16シーズンの序盤にプレーしたU-21チームにも、何の問題もなくスムースに馴染んだボースウィック・ジャクソンに、「キャメロンはすばらしい。彼はどんどん強さを増していく」とウォーレン・ジョイスコーチも賛辞を惜しまない。UEFAユースリーグではニッキー・バット率いるU-19でもプレーしている。 トップチームでの彼の起用を検討していたルイ・ファン・ハール前監督は、ジョイスとマクギネス、両コーチに意見を求めると、昨年11月7日のウェスト・ブロムウィッチ戦で、ボースウィック・ジャクソンを初めてトップチームの一員としてオールド・トラッフォードのピッチに送り出した。 ファーストチームでのデビュー戦に少しは動揺していたかもしれないが、もしそうだとしても彼は実に上手にそれを隠していた。そして、いかなる場面でも動じない精神力の強さは、彼の持ち味ともなった。 その後ボーンマス戦で先発デビューを飾ると、チェルシー戦やリヴァプール戦といった強豪対決でも出場機会を得た。その2月のチェルシーとのアウェーゲームが、彼のデビューシーズンのハイライトだ。 このシーズンは計14試合に出場し、年間最優秀リザーブ選手賞にも選ばれた。 受賞にあたりキャメロンは、「このような賞をもらえることは、ただただ光栄だ。子供の頃から夢見てきたことが実現して、信じられない気持ちだ。下の年代から一歩一歩上がってきて、そしてファーストチームでプレーすることができた」と喜びを語っている。 2016年5月30日、ボースウィック・ジャクソンは1年間の延長オプション付きの2020年6月までの新契約にサインした。 ウォルバーハンプトンに期限付きした2016-17シーズン後、ボースウィック・ジャクソンは2017-18シーズン前半をリーズ・ユナイテッドでプレーし、2018年1月にオールド・トラッフォードに戻った。その後はシーズン終了までU-23でプレーし続けた。

省略を読む About キャメロン ボースウィック・ジャクソン
  • ポジション

    ディフェンダー

  • イングランド

  • 生年月日

  • 入団

このクラブでは常にハードワークと献身が重要。それらは自分の役に立っている。

最新

ボースウィック・ジャクソン

CBJが期限付き移籍 Article

2018-19シーズン終了までリーグワンのチームでプレーする。