click to go to homepage
ベッカム

バイオグラフィー

世界でもっとも著名なフットボーラーの一人と言っても過言ではないデヴィッド・ベッカム。しかし、世界の”ベッカム”となった今でも、彼の一部は常にレッズであり続ける。

この稀代の右ウィンガーが多大な貢献をしたユナイテッドの黄金期から、すでに10年以上が経とうとしている。ウィンブルドン戦での、ハーフウェーラインから蹴ったあの崇高なシュートはおそらく、これまでもっとも多く再生されたゴールシーンだろう。 少年時代に憧れていたブライアン・ロブソンの足跡をたどるかのように彼はユナイテッドに入団し、のちにイングランド代表のキャプテンを務めた。ワールドカップの三大会でゴールを決めたイングランド人選手は彼ただ一人だ。 栄光のストーリーの始まりは1991年。生まれついてのユナイテッドファンだった少年は、レッズの研修生になるべく、ロンドンのレイトンストーンからマンチェスターへと移住した。そこでFAユースカップ優勝を勝ち取ったメンバー、ライアン・ギグス、ニッキー・バット、ポール・スコールス、ギャリー・ネヴィルとは、その後も『92年組』としてユナイテッドの中心的存在となるのだが、リーグ戦デビューはそれから少し経った1995年、4月2日のリーズ・ユナイテッド戦だった。アンドレイ・カンチェルスキスが移籍してあいた中盤右サイドのポジションを、ベッカムは以降、自分のものとした。 FAカップ準決勝のチェルシー戦で決勝点をあげたベッカムは、大舞台に強い精神力を証明。ユナイテッドはそのシーズン、2度目のダブル優勝を果たした。 翌96-97シーズンの初ゴールが、かの有名なセルハースト・パークでのハーフウェーラインからの超ロングシュートだ。そしてその翌月、モルドバ戦でイングランド代表に初招集。そのシーズンもユナイテッドはプレミアリーグ優勝メダルを獲得したが、その翌年はアーセナルに奪回された。その夏、ベッカムはW杯フランス大会に挑んだ。最初の2戦は先発メンバーから外れたが、3戦目のコロンビア戦で鮮やかに直接FKを決めてナショナルヒーローに。しかし栄光は長くは続かず、第2ラウンドのアルゼンチン戦でディエゴ・シメオネへのファウルで退場処分となると、10人となったイングランドも敗退した。 メディアや世間からは厳しい批判を受けたが、ユナイテッド・ファミリーは彼を温かく迎え入れた。ベッカムもそれに応えるかのように98-99シーズン開幕戦のレスターシティ戦ではトレードマークのフリーキックからゴールを射抜いた。その後もユナイテッドの快進撃は続き、レッズはそのシーズン、トレブルを達成。そこでのベッカムの貢献は計り知れないが、その中でも傑出しているのはリーグ最終戦のトッテナム・ホットスパー戦での同点打だ。サー・アレックス・ファーガソン率いるレッズはタイトルがかかったオールド・トラッフォードでのその対戦で1点を追っていた。さらには、チャンピオンズリーグ決勝の対バイエルン・ミュンヘン戦での、テディ・シェリンガムとオレ・グンナー・スールシャールのゴールを引き出した2度のコーナーキック。 翌シーズンもユナイテッドはリーグタイトルを獲得し、ベッカムは4つ目のプレミアリーグ優勝メダルを手に入れた。そしてヨーロッパ、ワールドの両方で、年間最優秀選手賞の次点に選ばれた。両アワードとも、タイトルを手にしたのはバルセロナ所属のブラジル人FWリバウドだった。 00-01シーズンもユナイテッドはプレミアリーグを制覇。イングランド代表でもキャプテンに就任したベッカムは、オールド・トラッフォードで行われたW杯予選のギリシャ戦で決定的な得点を決めてイングランドを2002年大会出場に導いた。 永遠のトレンドセッター、ベッカムがチャンピオンズリーグのデポルティーボ戦で足に骨折を負った際には、『中足骨』という単語が世界中に広まった。しかし見事W杯本戦までに回復すると、アルゼンチン戦では贖罪ともいうべきペナルティゴールを決めてみせた。 翌年は、ベッカムにとってレッズで最後のシーズンとなった。2003年夏にレアル・マドリーへと移籍したが、その前に、5つ目のプレミアリーグ優勝メダルを手にするとともに、ユナイテッドでの最後の試合となったエヴァートン戦でお決まりのフリーキックからゴールを決め、優秀の美を飾った。 スペインでは4季プレーし、4年目にラ・リーガのタイトルを獲得。翌シーズンはアメリカに渡ってLAギャラクシーに所属し、そこでも2つのMLSカップ優勝を手にした。 シーズンの合間、2度にわたってACミランにレンタルでプレーした後、2013年1月、パリ・サンジェルマンに移籍。フランスの首都クラブの19年ぶりのタイトル獲得に貢献した。2013年5月26日のロリアン対PSG戦が、彼の現役最後の試合となったが、それはちょうど、ユナイテッドで栄光のトレブルを達成した日から14年目の記念日だった。 ベッカムはイングランド代表でフィールドプレーヤーとして2番目に多い115試合に出場している。

省略を読む About デイヴィッド ベッカム
  • ポジション

    ミッドフィールダー

  • イングランド

  • 生年月日

  • 入団

  • ユナイテッドでのデビュー

    ブライトン(A)リーグカップ

  • 退団

最新

ベッカム

アシストキング Article

トレブルを達成した1998-99シーズンのCLでデイヴィッド・ベッカムが10試合で8アシストをマーク。

ベッカム

UEFA会長賞を受賞 Article

サー・ボビー・チャールトンも受賞した会長賞を獲得。

David Beckham celebra
デイヴィッド・ベッカム 言う

「現役時代はいつだって100%の力を尽くし、チームワークとフェアプレーを続けてきた。過去にこの賞を受賞した素晴らしい選手たちの仲間入りを果たせて誇らしく思う」

David Beckham.
デイヴィッド・ベッカム 言う

「周りが信じてくれれば、自分を信じられる。僕の7財団では、子供たち、特に女の子たちに必要なサポートを与えている。子供たちが彼らのポテンシャルに気づけるよう手助けをしている」

ベッカム

W杯ベストゴール Article

ジェシーが素晴らしいゴールを決めたことを踏まえ、これまでにユナイテッドの選手がワールドカップで決めたトップゴールシーンを振り返る。

David Bekham

デヴィッド・ベッカムインタビュー Article

デヴィッド・ベッカムがユナイテッドでのキャリアや大切にしている思い出について語った

もっと見る