click to go to homepage
スペンス

バイオグラフィー

戦時中のユナイテッドの数少ないスターの1人、ジョー・スペンス。きらめくようなスピーディーなプレーから、当時は「ジョーに回せ!」というのが合言葉になっていた。また、オールド・トラッフォードでの14年間において、テラス席では常に彼の名前を呼ぶ歌声が響き渡っていた。

彼がユナイテッド、そしてマンチェスターにおいていかに重要であったかは、彼が一般的に「Mr.サッカー」として知られていたことからも分かる。 ノーサンバーランドのスロックリーで生まれた彼は若かりし頃、ブルーチャー・ジュニアとスロックリー・セルティックでプレーした。ユース時代 の最初のシーズンで彼は驚くべきことにチームの全49ゴールのうちなんと42ゴールを挙げている。13歳でユース選手としてプレーし始めてから17歳で徴兵されるまでの間、彼はロボット射撃手のように働いたのであった。 彼は兵役中もリヴァプール、ニューバーン、そしてスコッツウッドに招かれ、アーミーカップで勝利を手にしている。そして、第一次世界大戦後の1919年3月、スペンスは北東部のアマチュアクラブ、スコッツウッドからユナイテッドに加入した。 彼は無駄な時間をかけることなく、プレーで驚きを与える。オールド・トラッフォードでバリーに5-1と圧勝したデビュー戦で、彼は4得点を記録している。リーグ戦が再開した1919年8月に公式戦デビューすると、その後、スペンスは通算510試合に出場し168ゴールをマーク。ユナイテッドの模範的な選手としてその名を歴史に刻んだ。 スペンスにとって不幸だったのは、彼がユナイテッドを去った1933年まで一度もトロフィーを掲げることがなかったことである(その後、チェスターフィールドに在籍した1936年に、ディヴィジョン3北地区で優勝している)。 彼のオールド・トラッフォードでのキャリアは不運だったとも言えるが、しばしば見どころを欠いていたこの時期のユナイテッドにおいて、エンタ ーテイメント性溢れるスペンスの存在はまさに最大の売り物であった。 彼はクラブの出場記録のトップ10に依然としてとどまり、またリーグ戦481試合出場という記録はビル・フォクスに抜かれるまで40年間もトップに君臨していた。スペンスはその後コーチ、スカウトとして再びユナイテッドに貢献した。

省略を読む About ジョー スペンス
  • ポジション

    フォワード

  • English

  • 生年月日

  • 入団

  • ユナイテッドでのデビュー

    v ダービー・カウンティー(A)リーグ

  • 退団

最新

ダロト

ダロトは準備万端 Article

監督がダロトを高く評価、リーグカップでの起用を明言した。

ポグバ

ポグバ「みんなが求めていた結果」 Article

チャンピオンズリーグ初戦の勝利に貢献したポール・ポグバが充実感を語った

監督

ヤングボーイズ戦を総括 Article

ダロト、ショー、ポグバらのパフォーマンスを監督が振り返った。

ジョゼ

「ヤングボーイズ戦は重要」 Article

チャンピオンズリーグ初戦前に監督がインタビューに答えた。

ラッシュフォード

最新チーム情報 Article

ヤングボーイズ戦前のチーム情報をチェック

クリス
クリス・スモーリング 言う

「ここから連戦になるけれど、このアウェー2連勝で良い流れができたと感じているよ」

スモーリング

スモーリング「ここが勝負時だ」 Article

チャンピオンズリーグ初戦のヤングボーイスに向け、スモーリングは良い流れを引き寄せていると感じている

ショー

ヤングボーイズ戦前チーム情報 Article

チャンピオンズリーグ初戦のヤングボーイズ戦ではルーク・ショーを先発させるとモウリーニョが明言

エレーラ

エレーラがCLの対戦相手を分析 Article

アンデル・エレーラがチャンピオンズリーグの対戦相手を分析

ベッカム

アシストキング Article

トレブルを達成した1998-99シーズンのCLでデイヴィッド・ベッカムが10試合で8アシストをマーク。

監督

ワトフォード戦を総括 Article

モウリーニョ監督がアウェイでのワトフォード戦を振り返った。

マーカス
ジョゼ・モウリーニョ 言う

「私が率いたこの2シーズンで、彼は合計105試合、5744分間プレーした。フル出場に換算すると63.7試合、そこには5回の決勝戦も含まれる。最高峰レベルのコンペティションで、確固たる時間数プレーしている」

Marcus Rashford
ジョゼ・モウリーニョ 言う

「朝起きてすぐに考えることはジョゼ・モウリーニョ、という人もいることだろう。そしてマーカスを土曜の試合で起用しなかったことで、私は手痛く批判されるかもしれない。しかしそれは私の落ち度ではない」

もっと見る