マルシャル

マルシャルの50ゴールを検証

アントニー・マルシャルは、月曜のウルヴァーハンプトン戦(1-1)で、マンチェスター・ユナイテッドで50本目のゴールを達成した。

この試合はマルシャルが2015年にユナイテッドに入団して以来176試合めにあたる。それはつまり、およそ3.5試合に一度ゴールを決めているということだ。これまではサイドでプレーすることの多かった彼にとってこれは特筆すべき数字だと言える。

現在の所属選手で、彼を上回るゴールを決めている者はいない。歴代でも、50本以上マークしたレッズは彼で53人目だ。

節目のゴールを祝って、これまでのマルシャルのゴールをスタッツとともに振り返った。

動画
マルシャル
誰もがトニーのリヴァプール戦でのゴールを覚えている!

記念すべきゴール

すべては、彼のデビュー戦である、2015年のリヴァプール戦から始まった。言うまでもなく、それはユナイテッドファンがもっとも渇望しているゴールでもある。試合後半、モナコから入団して間もないマルシャルは、宿敵のゴールに見事シュートを決めて3-1勝利を決定づけた。アントニーにとってもそれは、オールド・トラッフォードでの夢のような幕開けだった。そして続く3試合で、彼はさらに三度ネットを揺らした。

このシーズンは、FAカップ準決勝、対エヴァートン戦で、インジュリータイムに決勝点を決めて締めくくった。このゴールで決勝進出が叶ったレッズは、その後この大会に優勝した。

2017年10月のトッテナム・ホットスパー戦での決勝点も非常に重要だ。その翌年はチェルシー戦(2-2)で2点を決めて貴重なドローをものにし、昨シーズンは、ニューカッスル・ユナイテッド戦(3-2)で逆転打を決めた。また、1月のFAカップ、対アーセナル戦(3-1)でもだめ押しの3点目をマークしている。

シーズンごとのスタッツ

開幕2戦で2点を決めている今季のアントニーはゴール勘が冴えている様子だ。全コペティション合わせて17点をマークしたこれまでのベストシーズン、2015-16シーズンに迫る数字を期待できるかもしれない。さらに昨シーズンは、3試合ごとに1本という高い得点率を記録している。

2015-16: 49試合、17ゴール

2016-17: 42試合、8ゴール

2017-18: 45試合、11ゴール

2018-19: 38試合、12ゴール

2019-20: 2試合、2ゴール

アントニーの足跡動画

コペティションごとのスタッツ

もっとも多いのはプレミアリーグでのゴールだが、その他のコンペティションでも得点を挙げている。

プレミアリーグ:36ゴール

FAカップ:4ゴール

リーグカップ:3ゴール

チャンピオンズリーグ:4ゴール

ヨーロッパリーグ:3ゴール

相性が良い相手は?

ウルヴズはマルシャルがゴールを決めた28番目の対戦相手。今シーズン、プレミアリーグに所属している19チームのうち14チーム相手にゴールを決めている。

もっとも多いのはウェストハム。8回対戦して6ゴール決めている。また、バーンリー戦では、2回対戦したうちの両戦で得点した。

国外の相手では、CSKAモスクワが唯一2点以上をあげたチーム。

ウェストハム:6ゴール

エヴァートン:5ゴール

チェルシー:3ゴール

ストーク・シティー:3ゴール

ワトフォード:3ゴール

ウルヴズ戦ハイライト動画

シュートの種類

他の多くのフォワードと同様、マルシャルも両足で決めることができる。しかしやはり多いのは利き足である右足によるものだ。

50ゴールのうち、PKは対リヴァプール、フェネルバフチェ、エヴァートン、CSKAモスクワ、マンチェスター・シティー戦の5回のみ。

右足:37ゴール

左足:10ゴール

ヘディング:3ゴール

 

マルシャルのゴールTOP10動画

ゲンのいいスタジアムは?

半数をわずかに超えた27本をオールド・トラッフォードで決めている。内訳は、シングルゴールが25回、ダブルが1回、2016年のリーグカップ、対ウェストハム戦(4-1)だ。

アウェーでは17得点していて、そのうち6つのスタジアムで2得点を挙げている。セント・メリー、VEBアレーナ、グッディソンパーク、アプトンパーク、ターフ・ムーア、そしてスタンフォード・ブリッジだ。


おすすめ: