ユナイテッド

ロナウドがプレミア100ゴール達成

土曜日 23 4月 2022 15:50

クリスチアーノ・ロナウドが、エミレーツ・スタジアムでのアーセナル戦でゴールを決め、プレミアリーグ通算100ゴールの仲間入りを果たした。

クリスチアーノは34分、ネマニャ・マティッチの鋭いクロスをファーポストで受け、ガナーズの2人のディフェンダーの間をすり抜けるようなシュートを決めた。

クリスチアーノは、1992年にリーグが再編されて以来、トップリーグでの100ゴールを記録した33人目の選手となった。

オールド・トラッフォード復帰した2021-22シーズン、リーグ16試合目、27試合目の出場だった。

最初にユナイテッドに在籍した2003年から2009年までの間、ロナウドはプレミアリーグで196試合に出場し84ゴールを挙げ、2007-08シーズンにはゴールデンブーツ賞を受賞した。

クリスティアノは、ユナイテッドでプレミア100ゴールを達成した他の3選手とプレーした経験を持っている。その内の一人ライアン・ギグスは、2009年11月のポーツマス戦で同記録を達成した。

ウェイン・ルーニーとポール・スコールズも同じシーズンに100ゴールを達成。ルーニーは2010年初めに数週間の差でスコールズより早く100ゴールを果たした。

他にも元ユナイテッドの7選手も100ゴールクラブのメンバーであるが、彼らは皆、ライバルチームの選手として多くのゴールを決めた。

アンディ・コールは、歴代得点ランキングでアラン・シアラーとルーニーに次いでおり、プレミアリーグ187ゴールのうち93ゴールはユナイテッドの選手として記録。

マイケル・オーウェン(150得点中5得点)、テディ・シェリンガム(146得点中31得点)、ロビン・ファン・ペルシー(144得点中48得点)は、それぞれリヴァプール、トッテナム、アーセナルでの得点が多かったが、ユナイテッドに加入してからその記録を大きく伸ばした。

ドワイト・ヨーク(123本中48本)とロメル・ルカク(118本中28本)は、クラブ在籍中に3桁の数字を達成し、ディオン・ダブリンのプレミアリーグ111得点のうち最初の2得点は、1994年にコベントリー・シティに移籍する前にレッズのユニフォームで記録された。

ロナウドの100得点は223試合目でのもので、2シーズンで二桁、147試合で50ゴールに到達したことを考えると、それほど悪くはない数字だ。

もちろんユナイテ���ド 契約したばかりのクリスチアーノは、近年のような冷酷な捕食者ではなく、生粋の才能の持ち主だった。

ロニー、新たなゴール記録おめでとう! シーズン終了までにさらにゴールを量産することを願っています


おすすめ: