ユナイテッド

エド・ウッドワードが今季に期待

金曜日 17 9月 2021 16:17

エド・ウッドワードは、マンチェスター・ユナイテッドの世界的なパンデミックに対する回復力を称賛するとともに、今夏にクリスチアーノ・ロナウド、ラファエル・ヴァランヌ、ジェイドン・サンチョを獲得したことを受けて、今後のシーズンに向けての意気込みを語った。

また、エグゼクティブ・バイスチェアマンは、オールド・トラッフォードに戻ってきたファンが醸し出す「素晴らしい雰囲気」を称賛し、ピッチ上では「我々が正しい道を歩んでいることをこれまで以上に確信している」と述べた。

ウッドワードは、クラブの通期決算発表後、パンデミックの影響による過去12ヶ月間が「マンチェスター・ユナイテッドの歴史の中で最も困難な時期」であったと述べ、「クラブに関わるすべての人が、この最も困難な時期に示した回復力を誇りに思うことができる」と語った。

「パンデミックが深刻化していた時期に、クラブは相対的に見てより強い立場になるだろうと言っていましたが、回復に向けて強固な基盤が構築されている今、それが証明されたと思っています」

「この回復のために最も重要なことは、オールド・トラッフォードにファンが戻ってくることであり、約1年半ぶりにスタジアムが満員になったのを見聞きして、とても感動しています。今シーズンのホーム開幕戦での素晴らしい雰囲気は、ファンがゲームの活力源であることを証明しており、ファンが戻ってきたことをとても嬉しく思��ています」

クラブの方向性に自信を持つウッドワード

日曜日にウェストハム戦を観戦する予定のウッドワードは、プレミアリーグシーズンで好スタートを切ったオーレ・グンナー・スールシャール監督と選手たちを称賛し、「クラブの全員がシーズンの今後に関して興奮している」と述べた。

「この夏、我々は、クリスチアーノ・ロナウド、ラファエル・ヴァランヌ、ジェイドン・サンチョ、トム・ヒートンを獲得し、チームを大幅に強化しました。彼らの加入は、世界最高のフットボール選手をオールド・トラッフォードに惹きつける我々の能力と、オーレがピッチ上で成功を収めるために示している確固たるコミットメントを示すものです」

「私たちは、マンチェスター・ユナイテッド流の攻撃的なフットボールでトロフィーを勝ち取ることを目的に、トップクラスの新人と自国の才能を融合させ、若さと経験のバランスが取れたチームを作るという戦略を明確にしてきました」

「その一環として、リクルートとスカウティングのプロセスを継続的に強化し、アカデミーへの投資も増やして、この成功を持続できるようにしています。その一環として、採用とスカウトのプロセスを強化し、アカデミーへの投資も増やしました」

ウッドワードはまた、マーク・スキナー新監督のもと、女子スーパーリーグの開幕2試合で2勝を挙げ、女子チームが好調なスタートを切ったことを強調した。

「私たちは、女子フットボールでの存在感を引き続き高めていくことを約束します」

パンデミックの影響を受けた業績に関して、ウッドワードは、クラブのビジネスモデルの強さゆえに、多くのクラブよりも混乱に対処できたと言う。

「この夏、多くのクラブが投資を縮小している中、我々が投資できたのは偶然ではありません。これは、クラブが長年にわたって構築してきた強力な商業モデルを反映したものであり、支出は常にクラブ自身が生み出す収入によって支えられています」

ケイシー・ストーニーの後任に就任したマーク・スキナー

「しかし、私たちは自分たちの相対的な強さに自信を持っていますが、フットボール界全体が、長年にわたる賃金や移籍金の実質的なインフレ、さらにはパンデミックの影響により、大きな財政難に直面していることは明らかです。私たちは、プレミアリーグ、ECA、UEFAと協力して、フットボール界のすべてのレベルで財政的な持続可能性を促進することを約束します」

世界的にフットボールへの関心が高まっていることから、長期的な見通しは明るいとウッドワードは述べた。

「しかし、どのクラブも単独では成功しません。私たちは、健全で活気に満ちた国内および欧州のフットボールピラミッドの一部でありたいと思っていますし、運営組織や、最も重要なことですが、ファンの皆さんと協力して、この競技の魅力を維持し、高めていきたいと思っています。クラブとして、私たちはこれらの目標にコミットしており、今後数ヶ月、数年の間にそれらを追求していくことを楽しみにしています」

おすすめ: