ユナイテッド

ラングニックが選手に求めるもの

金曜日 03 12月 2021 14:47

マンチェスター・ユナイテッドのラルフ・ラングニック暫定監督は、就任後初のインタビューで自身のフットボール哲学を語り、チームが試合をコントロールすることが当面の目標であると認めた。

月曜日にラングニックの就任が決定して以来、その革新的なキャリアの中で培ってきた特徴的なゲーゲンプレッシングのスタイルが話題になっている。

ラングニックの戦術的アプローチは、ドイツフットボールに革命をもたらしたことで広く知られており、ユルゲン・クロップ、ユリアン・ナーゲルスマン、トーマス・トゥヘルなど、ドイツ国内の数多くのエリート監督に直接的な影響を与えた。

クラブリポーターであるスチュワート・ガードナーとの対談の中で、暫定監督はイングランドのファンにはあまり知られていない彼のアプローチについて説明を求められた。

オールド・トラッフォードで撮影されたインタビューで、ラングニックは「フットボールで重要なのは、試合をコントロールすること」と語っている。「試合に勝ちたければ、相手がボールを持っていようと、自分がボールを持っていようと、コントロールしなければならない」。

「これはおそらく、今後数週間の大きな目標のひとつで、チームが試合をコントロールできるようにすること、そして少なくともここ数週間で対戦したトップチームとの対戦ではそうしたい」

「リヴァプールやマンチェスター・シティーとの試合、勝ち点1を獲得したチェルシー戦を見た。それにワトフォードのようなチームとの試合でも、チームはコントロールできていなかった」

「もちろん、これは自分たちがボールを持っているときにどうするか、相手チームがボールを持っているときにどうするか、ということにも関係してくる。この2つの分野に関しては、これからの数週間でチームを成長させることが重要だ」

「その一方で、3日に1試合のペースで日程が進んでいくので、それほど多くのトレーニング時間を確保できない。つまり映像を活用し、チームを成長させ、頭脳を鍛え、同時に選手たちに正しい行動を促すための重要なツールとして活用することになる」

「まずは試合に勝つことが重要で、その上で段階的にチームを正しい方向に成長させていくことが重要」

おすすめ: