ユナイテッド

ミュンヘンの英雄、ハリー・グレッグが逝去

元マンチェスター・ユナイテッドのハリー・グレッグが、逝去した。

ハリーはクラブ史に残るゴールキーパーであり、その人間性も称えられた人物だった。

ミュンヘンでの飛行機事故後、負傷したチームメート、その他の乗客の救助に向かった彼の勇気は、一生我られることはない。

事故後、ハリーは再建に着手したマット・バズビー元監督のチームの中心を担い、247試合に出場。その後もマンチェスター・ユナイテッド・ファミリーの一員として愛された。

ハリーのご遺族の皆様に、心からお悔やみを申し上げます。

ハリー・グレッグ財団によれは、愛する家族に見守られながら、コールレーンで安らかに息を引き取ったという。享年、87歳だった。

財団は次の声明文を発表。

「グレッグ家は、ここ数週間ハリーの治療に献身的にあたってくれたコーズウェイ病院のメディカルスタッフの皆さんに、心から御礼を申し上げます」

「ハリーと家族に敬意と愛情を表し、ご連絡をくださった皆様に感謝しています」

ユナイテッドの選手たちは、今夜スタンフォード・ブリッジで行われるチェルシー戦で喪章を着けてプレーする。