click to go to homepage
マタ

マタ「プレミアリーグが大好きだ」

やあみんな!また今シーズンも始まったよ!今年も、マッチウィークエンドの後で僕が感じたことやみんなに伝えたいこと、僕の生活の中で起こった新しい出来事や面白かったことについてお伝えしていこうと思う。

実のところ、難しい時もあったりする(試合の結果が悪かった後とかね)。でも、僕のブログを楽しみしてくれているというたくさんのメッセージを受け取って、今シーズもいつもどおり、週1回のペースで更新することになった。

フアン・マタ 言う

「まだ8月だけど、ここからたくさん成長すべき点があることをすでに僕たちは自覚している。なにより、まだ合流したばかりの選手も何人もいるから、辛抱強く、落ち着いて臨むことが必要だ」

先週の金曜日にプレミアリーグが開幕した。振り返ると、これが僕のイングランドでの8シーズン目になる。ここが僕のキャリアで最も長くプレーしている場所だ。クラブやリーグにお礼を言いたい。それからもちろん、君たち、ファンのみんなにもね。

プレミアリーグでプレーすることを、僕は心底楽しんでいる。プレースタイルが好きなんだ。このリーグ組織も好きだし、何より、スタジアムの雰囲気が最高だ。自分のキャリアで、こんな素晴らしいことが体験できるなんて、本当にありがたいという気持ちでいっぱいだ。

もしフットボールに君たちのような熱いファンやパッションというものがなかったら、僕らが愛する競技とはまったく別の物になっていることだろうね。

今シーズンは、スペイン人選手が30人以上いるんだよ。ものすごい大群だ。僕たちがここで必要とされている指針でもあるし、ここで僕たちは、成長する素晴らしい機会を得ている。

僕が初めてイングランドに来たときには、今ほどスペイン人選手は多くなかった。すでにいる選手たちが長い期間ここでプレーし続けていることや、他の多くの選手も、このリーグに挑戦したいと感じていることは良い兆候だ。自分の国を離れて違うスタイルのフットボールを経験するのは良いことだし、とりわけプレミアリーグ挑戦は個人的にお勧めしたい。

フアン・マタ 言う

「何度言っても言い足りない。ここでの選手たちへのサポートはファンタスティックだ。もしフットボールに君たちのような熱いファンや、君たちがもたらしてくれるパッションというものがなかったら、僕らが愛する競技とはまったく別の物になっていることだろうね」

金曜の試合に話を戻すと、開幕戦を勝利で飾るのはいつだって気分が良い。順位的にも、チーム内に自信を育むという意味でもね。

プレシーズンはともかく、肝心なのはリーグ戦だ。ここで真価が試される。まだ8月だけど、ここからたくさん成長すべき点があることをすでに僕たちは自覚している。なにより、まだ合流したばかりの選手も何人もいるから、辛抱強く、落ち着いて臨むことが必要だ。

次は僕らにとって今シーズン最初のアウェーゲーム、ブライトン戦だ。

開幕戦に勝利 article

ポール・ポグバ、ルーク・ショーのゴールで開幕戦に勝利!

ホリデーはもうずいぶん昔のことのように思えるよ。でも休暇中は、いろいろ違うことをするチャンスに恵まれた。友人や家族に会ったり、コロンビアに出かけたりもした。そこではたくさんの貴重な出会いがあったし、“Tiempo de Juego”が(Common Goalとコラボして)、ボゴダを初めとするコロンビア国内の少年少女たちのために行っている活動について多くのことを学ぶことができた。君たちも、ホリデーを楽しんだかな。まだホリデー中の人たちもいるかもしれないね!

今シーズンのブログ第1弾はこのくらいにしておくよ。いつもサポートありがとう!君たちみんなの幸せを祈っている。そして、ハッピーで満たされたシーズンになりますように!

 

ハグ、

 

フアン