ユナイテッド

再開に向け、スールシャール監督が考えるプランとは

6月19日のトッテナム・ホットスパー戦から再開するプレミアリーグに向けて、オーレ・グンナー・スールシャール監督は、チームが新たなアイディアを練習中であると語った。

ポール・ポグバ、マーカス・ラッシュフォードがファーストチームに復帰予定で、新加入選手のブルーノ・フェルナンデスとのプレーがようやく実現する・シーズン中断までに11試合続けて無敗だったチームにとって、これは朗報だ。

監督は、クラブ公式ホームページとの独占インタビューで、いつものようにポジティブなムードで質問に答えてくれた。監督は、準備を進めるチームに鋭さを加えることを重要視している。

「試合開催をずいぶん待った」と、監督。「もうすぐプレーできるという気持ちだ。試合は2週間後なので、トレーニングでステップアップし、再び鋭さを取り戻す必要がある」

「ベストな状態に仕上げないといけないのは、全員が理解している。(トッテナム戦に)集中しないといけない。大きな試合が控えていることも、チームの全員が理解している。今シーズンの開幕ではチェルシーと対戦したので、選手たちは良いプレーが必要と理解しているだろうし、適切なメンタリティで試合に臨める」

スールシャール監督のチームは、試合間隔が空いた後で結果を残している。昨年10月のインターナショナルブレーク後には4試合で3勝をあげ、ウィンターブレーク後の8試合で6勝をマークした。ファンと同様に、監督もまた、新型コロナウイルスの感染拡大によりシーズンが中断される前の状態を維持したいと考えている。

「トレーニングでは、これまでのプレーを取り戻すことが肝心だ。いくつか新しいアイディアも考えている。しかし、ロックダウン前のようなプレーを見たい」

「これからは週末、ミッドウィーク、週末というペースで試合が行われるので、最初の試合だけではなく、これからの試合に集中しないといけない」

シュート!動画

ファーストチーム内の雰囲気について聞かれた監督は、選手たちの間にある闘志を称えている。

「どのインタビューでも、チームのムードとスピリットは良い状態と答えるが、今は本当に良い」

「ここ数ヶ月の選手たち、そしてクラブの様子を見てもわかるように、今の状況に対応できた。選手たちはコンディションを維持していて、素晴らしい」

「少人数での練習を再開させてから天気も良くて、今は徐々に接触ありの練習を再開させている。プレーの鋭さはこれから増すだろう。ただ、選手たちの友情、チームの絆は見てわかる」

「チームでは、そういう要素が重要と私は考えている。我々がチームであり、何よりもチームが優先されることこそ、重要な項目の一つなんだ」

おすすめ: