click to go to homepage
フェライニ

ほぼフルメンバーで最終調整

マンチェスター・ユナイテッドは、UEFAチャンピオンズリーグの対ユヴェントス戦に向けてトリノへ旅立つ直前、火曜の午前中にAonトレーニング・コンプレックスで公開練習を行った。

先陣をきってグラウンドに姿を現したのはジョゼ・モウリーニョ。マイケル・キャリック、キエラン・マッケンナの両アシスタントとともにトレーニングセッションの準備を始めると、次第に選手たちが集まりだした。肌を突き刺すような冷たい風を避けるように、選手たちはみな防寒姿でグラウンドに現れた。

負傷中のロメル・ルカクとディオゴ・ダロトの姿はなかったが、マルアン・フェライニとキャプテンのアントニオ・バレンシアは全体練習に参加した。

バレンシア
10月2日の対バレンシア戦には出場したアントニオ・バレンシア

トレーニングセッションに参加した選手全員がトリノへ向かうメンバーではないが、ギャラリーにおさめられた選手の大半は、コンディションも上がっている様子だ。

トレーニング開始前には、アシュリー・ヤングとマーカス・ラッシュフォードがボールの取り合いっこをする和やかなシーンも見られた。その後選手たちはおのおのウォーミングアップを始めた。

土曜のボーンマス戦で途中出場から決勝ゴールを決めたラッシュフォードは、ユヴェントス戦の先発候補に挙がっていることだろう。

現在ユナイテッドはグループHの2位につけている。オールド・トラッフォードでのユヴェントスとの第1戦には敗れたが、アディショナルタイムに勝利をつかんだ劇的なボーンマス戦のあとで士気は上がっている。

トリノに到着後、モウリーニョは会見を行う。フェライニやバレンシアのコンディションについても明かされることだろう。