ユナイテッド

レスター 0-2 ユナイテッド

マンチェスター・ユナイテッドは、今シーズンのプレミアリーグ最終節でレスター・シティーを2-0で下し、2020-21シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を獲得した。

勝てば来季の欧州最高峰の戦いに加われる状況の中で、ユナイテッドは後半にブルーノ・フェルナンデスのPKで先制し、ジェシー・リンガードが試合終了直前に勝負を決める追加点を決めた。

キングパワー・スタジアムでの一戦は、序盤から緊張感のある攻防が繰り広げられた。ブランドン・ウィリアムズがボックス内でウィルフレッド・エンディディに倒されたものの、主審のマーティン・アトキンソンはPKを認めなかった。

その後ユナイテッドは、メイソン・グリーンウッドがヘディングシュートも、カスパー・シュマイケルが守るゴールのクロスバーを越える。

前半の飲水タイム前には、ケレチ・イヘアナチョが右足でシュートも、ダビド・デ・ヘアが対応。ジェイミー・ヴァーディに積極的に前に出たものの、オフサイド。

再開後にブルーノがゴールネットを揺らしたかと思われたが、オフサイドの判定に泣かされる。ポール・ポグバがボックス内に送ったパスに反応し、見事なタッチからゴールに値するプレーだったが、認められなかった。

次にシュートを放ったのはホームのレスターだったが、ユーリ・ティーレマンスのシュートは力が上手くボールに伝わらず、デ・ヘアを慌てさせるには至らない。

前半の終盤にマーカス・ラッシュフォードがサイドフットでシュートもバーを越える。

ポグバにもエンジンがかかり始め、アントニー・マルシャルとの連携からシュートもディフレクトしてコーナーキックに。このセットプレーからラッシュフォードが強烈なシュートも、シュマイケルに防がれる。

後半の立ち上がりも攻勢だったユナイテッドは、マルシャルに決定機が訪れるも、ホームチームの守備を崩せない。

60分が過ぎたあたりでヴァーディのフリックヘディングがポストに直撃。

先制点が欲しいレスターは、ユナイテッドのゴールをこじ開けようと前に出続けた。

試合が後半に進んだ中、ユナイテッドはボックス内でマルシャルがウェズ・モーガンとジョニー・エヴァンスに倒されてPKを獲得。このプレーでエヴァンスにイエローカードが出された。

VARによりPKが認められると、ブルーノが落ち着いて成功させ、大きな先制点を決める。

ユナイテッド
ボックス内でファウルを受けたアントニー・マルシャル

後半の飲水タイムを挟んでレスターは交代出場のハーヴィー・バーンズがシュートも、デ・ヘアが対応。

残り10分となり、モーガンのシュートは空を切り、グレイのシュートもハリー・マグワイアにディフレクトしてしまう。

攻め続けたレスターに対して、ユナイテッドは守備で抑えてチャンスを与えなかった。レスターは、エヴァンスがスコット・マクトミネイへのタックルで2枚目のイエローカードを出されて退場処分に。

終了直前にはシュマイケルのミスを逃さなかったリンガードが2点目を押し込み、今シーズンのプレミアリーグ初ゴールを決めている。

試合情報

レスター:シュマイケル、ジャスティン、モーガン、エヴァンス、オルブライトン(73分にグレイと交代)、エンディディ、ティールマンス(73分にバーンズと交代)、チャウドゥリー(73分にチャウドゥリーと交代)、トーマス(87分にハーストと交代)イヘアナチョ(58分にペレスと交代)、ヴァーディ

出場機会のなかったサブ:ウォード、ベネット、ジェームズ、メンディ

退場:エヴァンス(90+4分)

ユナイテッド:デ・ヘア、ワン・ビサカ、リンデロフ、マグワイア(キャプテン)、ウィリアムズ、マティッチ、ポグバ、グリーンウッド(77分にリンガードと交代)、フェルナンデス(85分にマクトミネイと交代)、ラッシュフォード(90+7分にフォスメンサーと交代)、マルシャル(90+7分にイガロと交代)

出場機会のなかったサブ:ロメロ、バイリー、マタ、フレッジ、ジェームズ

得点:フェルナンデス(71分)、リンガード(90+8分)

おすすめ:

関連キーワード