ユナイテッド

レポート:シティー 4-1 ユナイテッド

日曜日 06 3月 2022 19:08

マンチェスター・ユナイテッドは、エティハド・スタジアムで地元のライバルであるマンチェスター・シティーに4-1で敗れた。

前半はシティーがケヴィン・デ・ブライネのゴールで先制したのに対して、ユナイテッドはジェイドン・サンチョがボックス手前からカーブをかけたシュートで同点に追いつくというファンタスティックな展開。

しかしユナイテッドはこれ以降シティーに対抗できず、後半にはリヤド・マフレズに2点を許し、相手に勝ち点3を取られた。

前半 - 激しい攻防

5分、ベルナルド・シウバがサイドラインから送ったボールをデ・ブライネが左足でゴールネットを揺らし、シティーが先制。デ・ブライネはプレミアリーグ通算50得点目を記録した。

対するユナイテッドは、ブルーノ・フェルナンデスが同点を狙ってシュートも、これはオフサイドの判定。フレッジもボックス内でカイル・ウォーカーをかわし、ゴール前でアクションを見せたが、シティーの守備陣に対応されてしまう。

一方、デ・ブライネは2点目を狙うべく、その後もチャンスを作った。ただ、シュートを打ってもダビド・デ・ヘアが立ちはだかる。

22分、ユナイテッドはカウンターからサンチョが絶妙なカーブを描くシュートを放ち、同点に追いついた。ポール・ポグバからの斜めのボールに反応したサンチョはインサイドに切り込み、シュートを巧みにゴールに流し込んだ。

その6分後、デ・ブライネが2点目をマーク。フィル・フォーデンのシュートはデ・ヘアが弾き返したものの、セカンドボールをデ・ブライネに蹴り込まれて2-1。

追加点を狙ったシティーは、マフレズがシュートもデ・ヘアがセーブ。ハリー・マグワイアもデ・ブライネのシュートを阻止し、1点を追う形で前半を終えた。

後半 - レッズが揺さぶられる 

ペップ・グアルディオラ監督が率いるシティーは、後半序盤に何度かチャンスが作るも、いずれも得点にはならず。デ・ブライネがユナイテッドのボックス内でボールを奪うもシュートを許さず、シウバにもシュートを許してしまったが、ユナイテッドの選手たちは身体を張って失点を防いだ。

再び同点に追いつこうとしたユナイテッドは、フェルナンデスがサイドからクロスを上げたが、ボールはエデルソンに近い位置に。60分には、マグワイアがデ・ブライネに強く当たってチャンスを作らせない。

68分、セットプレーからマフレズがボレーシュート。デ・へアも反応できずゴールになり、シティーがリードを2点に広げる。

ユナイテッドは、交代出場のマーカス・ラッシュフォードがボックス内まで侵入するも、シティーの3選手に囲まれてしまい攻撃は失敗。

その10分後、ジョアン・カンセロがオーバーヘッドキックでシュートを放ったが、デ・ヘアがダイビングセーブ。

それでも後半の追加タイムにマフレズが2点目をあげ、試合終了となった。

試合情報

シティー:エデルソン;ウォーカー、ストーンズ、ラポルト、カンセロ;ロドリ、デ・ブライネ(C)(80分にギュンドアンと交代)、ベルナルド、マフレズ、グリーリッシュ、フォーデン

出場機会のなかったサブ:カーソン、スターリング、ジェズス、ジンチェンコ、フェルナンジーニョ、デラップ、ンベテ、マカティー

ゴール:デ・ブライネ(5、28分)、マフレズ(68、90+3分)

ユナイテッド:デ・べア;ワン・ビサカ、リンデロフ、マグワイア(C)、テレス;フレッジ、マクトミネイ、ポグバ(64分にラッシュフォードと交代);エランガ(64分にリンガードと交代)、フェルナンデス、サンチョ

出場機会のなかったサブ :ヘンダーソン、バイリー、ジョーンズ、ダロト、マティッチ、マタ、ハンニバル

ゴール:サンチョ(22分)

イエローカード:マグワイア

おすすめ: