click to go to homepage
試合後にうなだれる選手たち

ユナイテッド 0-1 WBA

先週末マンチェスターダービーで劇的な逆転勝利を収めたマンチェスター・ユナイテッドだったが、降格が有力なウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンをオールド・トラッフォードで迎え撃った一戦で現実に引き戻された。

エティハド・スタジアムで勝利しマンチェスター・シティーの2017-18プレミアリーグ優勝を阻止してみせたものの、ほぼ運が尽きたウェスト・ブロムウィッチがジェイ・ロドリゲスの得点でユナイテッドを下し、シティーにリーグタイトルが届けられた。

ダービーでの逆転勝利から間もない内の敗戦に、オールド・トラッフォードもショックを隠し切れない。今節の結果を予想できたのは、ごく限られた少数だろう。ダービーではセンセーショナルな後半を見せたが、プレミアリーグ最下位との対戦では静かな立ち上がりだった。

スローな展開の中でもダビド・デ・ヘアの出番がやってくることに。11分、アンデル・エレーラからボールを奪ったウェスト・ブロムウィッチがカウンターアタック。ジェイク・リヴァモアに低めのシュートを打たれるも、デ・ヘアが飛びつき左手で弾き返す。

徐々に落ち着きを見せ始めたユナイテッドは、18分にエレーラが相手陣内でクレイグ・ドーソンに倒されたように見えたが、オールド・トラッフォードでの試合を初めて裁いた主審ポール・ティアニーはPKと判定せず。リプレーを見る限り、エレーラが倒された場面はPKが取られるべきではなかっただろうか。

直後、2012年にユナイテッドからウェスト・ブロムウィッチに移籍したGKベン・フォスターが古巣の好機を阻止する。しかも手を使わずに! ロメル・ルカクのシュートを顔面で弾き返したフォスターは、セカンドボールを拾ったアレクシス・サンチェスのシュートを左足で防ぐ。残念ながらチャンスを生かせなかったユナイテッドに対し、ウェスト・ブロムウィッチの息が吹き返し始める。

42分には肝を冷やす場面が見られた。ウェスト・ブロムウィッチはコーナーキックにファーサイドのドーソンが反応。角度が厳しかったことで同選手はボールを持って仕掛けるのではなくヘディングを選択したが、クリス・スモーリングがクリアー。この一連プレーにストレトフォード・エンドのサポーターは安堵する。

ジョゼ・モウリーニョ監督は、後半開始から攻撃的なオプションを増やすため、あたまからエレーラに代えてジェシー・リンガードを投入。すると、交代出場したリンガードが直後がシュート。だが、これは必死に守るウェスト・ブロムウィッチにブロックされてしまう。

まだテンポが遅いと感じた監督は、58分にエティハドで2ゴールを決めたポール・ポグバを下げ、アントニー・マルシャルを送り込んだ。

先制点が生まれるやもしれない好機に顔を出したのは、2012-13シーズンにウェスト・ブロムウィッチに期限付きで移籍していたロメル・ルカクだった。ネマニャ・マティッチのクロスをヘディングで合わせたが、元チームメートのフォスターに阻まれてしまう。

モウリーニョ監督は、73分に失点後、マーカス・ラッシュフォードを投入して交代カードを使い切る。失点に絡んだのはマティッチで、コーナーキックの際ファーサイドでドーソンと競ったマティッチの頭に当たったボールがゴール前に落ち、ロドリゲスにヘディングシュートを決められ、1点を追う状況になってしまった。

ラッシュフォードはアシュリー・ヤングと交代してピッチに入ったものの、今節では劇的な展開は見られず、バギーズに今年1月以来となるリーグ戦勝利を献上した。

ジョゼ・モウリーニョ監督

ラインナップ
ユナイテッド:デ・ヘア、バレンシア(キャプテン)、リンデロフ、スモーリング、ヤング(75分にラッシュフォードと交代)、マティッチ、エレーラ(45分にリンガードと交代)、ポグバ(58分にマルシャルと交代)、マタ、ルカク、アレクシス

出場機会のなかったサブ:ペレイラ、ジョーンズ、ロホ、マクトミネイ

イエローカード:ポグバ

ウェスト・ブロムウィッチ:フォスター、ニョム、ドーソン、ヘガジー、ギブス、フィリップス(77分にクリホヴィアクと交代)、リヴァモア、ブラント(90分にヤコブと交代)、マクレイン、ロドリゲス、ロンドン(85分にスタリッジと交代)

出場機会のなかったサブ:マイヒル、ガブル、バーク、フィールド

イエローカード:ニョム

注目ポイント
次節ボーンマスに勝利し、ウェンブリーに向けた良い準備が必要になる。ユナイテッドがビッグゲームに強いことは証明済みだ。最近チェルシー、リヴァプール、シティーに勝利したことは、土曜日にウェンブリーで行なわれるスパーズとのFAカップ準決勝に向け好材料と言える。水曜に敵地で対戦するボーンマスは下位チームだが、今節のようなショックな敗戦後のような勢いを持って来週末ロンドンに向かうわけにはいかない。

ユナイテッドの次戦は?
ヴァイタリティ・スタジアムでのボーンマス戦は、4月18日(水)に行なわれる予定だ。