オーレ・グンナー・スールシャール

オーレ「この状況でダービーは最高の試合」

オーレ・グンナー・スールシャール監督は、残念な結果に終わったエヴァートン戦から急ぎ立ち直るには、マンチェスターダービーが理想的な一戦と確信している。

試合前日の会見で、オーレは選手たちが挽回する姿を見たいとコメント。また、地元のライバルのトレードマークであるハイプレスにどう対応するかなどについても語った。

「この状況でダービーは最高の試合だ」と、オーレ。「エヴァートン戦後にはチームでミーティングを行った。もちろん、選手たちはパフォーマンスに気を落としていた」

「ここから挽回するには、シティー戦は完璧な試合だ」

「ピッチに隠れる場所などない。なんども言っているが、我々のファンは、結果にかかわらず、力を尽くせば支えてくれる」

着任して以降、オーレとコーチングスタッフは、カウンターを生かして選手たちの能力を引き出している。だが、シティーも同様に高い位置でプレスを仕掛けてくるチームで、オーレは試合の組み立てについて、こう語る。

「非常に優れているシティーが相手なら、スピードを上げないといけない」

「相手はボールを持った時のプレーに優れているので、彼らのプレスに対応する準備を整えておかないといけない。守備も重要になる。こちらがボールを奪ったら、積極的に出てくる相手に対応しないといけない。彼らはかかとや、足首を狙ってくる」

「ファウルで止めてくるので、簡単にカウンターアタックを許してはくれない。それは間違いないことだ。彼らの試合を見ていると、多くの選手が前に出て、できるだけ高い位置で相手のプレーを止めている」

残り4節は、トップ4フィニッシュに向けて重要なものになる。イースターの先週末、ライバルのアーセナル、チェルシー、トッテナムが揃って勝利を逃したため、可能性は残されている。

シティー戦後には、日曜にマンチェスターでチェルシーと対戦し、その1週間後の5月5日には今季最後のアウェイゲームで、降格が決まったハダースフィールドと対戦。そしてオールド・トラッフォードでのカーディフ戦で今シーズンの全日程を終える。

オーレ・グンナー・スールシャール 言う

スピードを上げないといけない。相手はボールを持った時のプレーの質が高いので、プレス、そして相手のプレッシングに対する用意が必要。良い守備が必要になる。ファウルで止められてしまうので、相手は我々に簡単にカウンターアタックを許さないだろう。

オーレは「今は水曜の試合に集中している。必ず良い形で反応できるだろう」

「我々は選手を信じている。選手も、個人個人、チーム、そして私をがっかりさせたことを理解している。指揮権は私にある。選手たちにどういうプレーをするかを指示するのは、私だ。選手たちに良いパフォーマンスをさせるのは、私の務めだ。我々は、必ず良い形で対応できる」

最近は結果が出ていないものの、オーレは着任当時の状態を取り戻せると言う。暫定監督に就任した昨年12月中旬以降、ユナイテッドより多くの勝ち点を記録しているチームは、シティーとリヴァプールしかいない。

「ここ18試合か19試合で、我々より多く勝ち点を記録したチームは、その2チームだけだ。選手たちは、ファンタスティックな仕事をしてくれている」と、スールシャール監督。

「負けて楽しいわけがない。リーグ戦は直近5試合で3敗を喫した。この負けは多過ぎるが、これもフットボール。これがプレミアリーグだ」

おすすめ: