ユナイテッド

オーレ「選手が目覚めるきっかけになってほしい」

マンチェスター・ユナイテッドがフラムと1-1で引き分けた後、オーレ・グンナー・スールシャール監督は複雑な感情を抱いていた。

この試合では、約1万人のサポーターがシアター・オブ・ドリームズに戻り、エディンソン・カバーニが今季最高のゴールを決めた瞬間、喜びを爆発させた。

しかし、後半にジョー・ブライアンのヘディングで同点に追いつかれてしまい、監督は残念がった。

クラブメディアとのインタビューで、オーレは14ヵ月ぶりにファンが来場した気持ちや、パフォーマンスに関する不安、ヨーロッパリーグ決勝に向けて勢いをつけるために必要なことなどについて語ってくれた。

監督のコメントは、以下の通り。

ファンが戻ってきてくれてとても嬉しい
素晴らしい。ここに来ると、活気やエネルギー、チャントを聞くことができる。選手たちも本当に感謝していると思う。気合が入り過ぎていた部分もあったかもしれない。あまりにもルーズで、目立つフリックやバックヒールをやりたがっていたように思う。必要のないトリックだ。残念だったが、気持ちはわかる。彼らは観客に楽しい一日を過ごしてほしいと思っていたんだ。

エディンソンは例外
カバーニのゴールの出来は最高だ。今日のハイライトだった。ストレトフォード・エンドでの自己紹介としては最高。何度も言っているが、ここにはファンが必要だし、彼がチームのために多くのゴールを決める姿を見てもらいたい。素晴らしいフィニッシュだったし、チャンスを掴むための彼の努力も並外れている。

逃したチャンスの代償を払わされた
良いプレーをしていたし、チャンスも作ったが、それをものにできなかった。でも、チャンスをものにできなければ、プレミアリーグでは何が起こってもおかしくない。良い選手、良いチーム。良いクロスと良いヘディングだった。我々はもっとうまく対処すべきだった。

判断が悪かった
勝ちたかったんだ。先週、あまりにも多くのポイントを失ってしまったので、勢いをつけて自信をつけたかった。願わくば、これで自信を失わないでほしい。願わくば、これで自信を失わずに、むしろ目覚めてもらいたい。判断が悪かった。

より多くのファンが我々を助けてくれる
ストレトフォード・エンドが試合終了間際にボールを吸い込んでいるのを見逃していたが、みんなが戻ってくれば、きっともっと喜びを感じることができるだろう。

ウルヴズ戦のローテーション
もちろん何人かは変える。自分たちのことは自分たちで気にかけないといけない。エネルギーと自信を持ってポーランドに行かなければならない。しっかりとしたトレーニングと準備をして、日曜日の試合に臨む。

おすすめ: