ユナイテッド

オーレ「マグワイアがナンバーワンのターゲットだった」

マンチェスター・ユナイテッドを率いるオーレ・グンナー・スールシャール監督は、ハリー・マグワイがこの夏の移籍市場で獲得を狙っていたナンバーワンのターゲットだったことを明かした。

マグワイアは、ダニエル・ジェームズ、アーロン・ワン・ビサカに続いて今夏オールド・トラッフォードに加入した選手で、レスター・シティーから移籍した。

チェルシーとのプレミアリーグ開幕戦前の会見で、監督は、今年の2月にレスターと対戦した際に、マグワイアを獲得したいと思ったと語った。

「ハリーが加わってくれて嬉しい。彼はこのクラブにとって素晴らしい選手になる。彼が私の中でのナンバーワンのターゲットだった。時間はかかったが、そういう場合もある」

「おおよそ昨シーズンにレスターと対戦した時期に気持ちが固まった。もし彼の獲得が可能なら、とライスすべきとね。ボールを落ち着いてさばけるし、チームに異なる力を与えてくれる」

ユナイテッド
レスターから加入したハリー・マグワイア

ユナイテッドの選手になってからまだ数日だが、オーレはハリーがチームに馴染んでいることに満足し、新シーズンでも活躍できると考えている。

「すでに、どういう存在になれるかを示してくれているし、どういうインパクトをチームに与えられるかを見せてくれている」

「彼はリーダーで、代表でも優れた選手。得点を決める能力があり、非常に有能なディフェンダーだ」

イングランド代表でもあるハリーは、最終ラインの形成する候補の一人だ。

監督は、連携を構築する上でも、シーズン開幕後は最終ラインをあまりいじらない考えを示唆している。

「土台となるものを築き、プレーを通じて築いていくことが大事。チームの柱は、いつだって重要な鍵になる。ダビド(デ・ヘア)の前のバック4を固定できるなら、点を決めるチャンスも作れると思っている」

「彼らは単なるディフェンダーではない。優れたディフェンダーであると同時に、攻撃的な資質も持っている」

ユナイテッド
アグワイアは、アーロン・ワン・ビサカに続いて加入したDF

オーレは、国内、それからヨーロッパリーグを戦う上で、新加入の3選手がチームに力を与えてくれると確信している。

「正しい方向に進めている」と、監督は付け加えた。

「これまでよりも優れた集団であり、良いチームであり、チームの土台部分も改善されたと思っている。レベルアップするために最初のステップを踏めた。夏の間に何度か話したが、時間がかかることなんだ」

クラブ公式アプリのダウンロードは、こちらから。

おすすめ: