ユナイテッ

FAカップ3回戦:ユナイテッド 1-0 アストン・ヴィラ

月曜日 10 1月 2022 23:10

マンチェスター・ユナイテッドは、オールド・トラッフォードで行われたエミレーツFAカップ3回戦で、アストン・ヴィラを1-0で下し4回戦に進出した。

4回戦ではミドルスブラと対戦する。

前半はワクワク感の止まらない展開となり、後半はヴィラに再三押し込まれたものの失点を回避。

イングスのゴールかと思われた場面は、VARで確認後、主審のマイケル・オリヴァーがピッチサイドのモニターを見て判定を改めた。また、オリー・ワトキンスの得点もオフサイドで無効になるシーンも見られた。

それでもユナイテッドはエネルギッシュなプレーを続け、ボロと対戦する4回戦に勝ち進んだ。

8分に先制点を決めたスコット・マクトミネイ

前半:スコットのゴールで先制

マクトミネイのゴールで先制する完璧なスタートを切ったのはユナイテッド の方だった。スコットランド代表のマクトミネイは、6分にトレードマークである低い弾道のシュートを放ったが、ヴィラのゴールキーパー、エミリアーノ・マルティネスにセーブされる。

その2分後には、フレッジのクロスにマクトミネイが強烈なヘディングシュートを合わせて先制。

ところがヴィラも即反撃に出てユナイテッドを苦しめる。11分、ゴール前に送られたコーナーキックにオリー・ワトキンスが反応するも上手く合わせられない。その2分後には、ストレトフォード・エンドの前でエミリアーノ・ブエンディアが放ったミスショットに、ダニー・イングスが触れるも決まらない。

ユナイテッドも黙っているわけがなく、マーカス・ラッシュフォードの強烈なシュートがエディンソン・カバーニの頭をかすめる。

FAカップ戦らしく互いにチャンスを作るエキサイティングな展開となった。

19分には、ジョン・マッギンが放った強烈なシュートをデ・へアがセーブ。するとヴィラも、フェルナンデスのお膳立てを受けたカバーニがボックス内で放ったシュートをマルティネスが弾き返した。

ヴィラの攻撃はさらに続き、ワトキンスがビクトル・リンデロフをエリア内で翻弄し、至近距離からシュートもクロスバー直撃。その後、ジェイコブ・ラムジーのシュートがゴールに向かったが、マクトミネイのクリアーによりコーナーになった。

今度はイースト・スタンドに向かうユナイテッドの反撃だ。フェルナンデスの低いシュートはブロックされたが、ルーク・ショーにボールが渡ると、左サイドバックが35ヤードから強烈なミドル。

44分には、マクトミネイがエリアの端に潜み、ボレーシュートを放ったが決まらない。ユナイテッドがリードを保持したまま前半を折り返した。

後半:ヴィラの反撃に耐えるユナイテッド

後半に入ると微妙な判定が続き、さらに緊張感の高まる展開に。

50分、ヴィラはフリーキックからファーサイドにいたコンサがヘッドでエリアに戻し、マッギンが胸と頭を使ってボールをゴールに押し込み同点に追いついたと思われた。

VARでは判断がつかず、オリヴァー主審がピッチサイドのモニターで問題のプレーを確認後、判定を改めてノーゴールに。

この判定にジェラードのチームは不満を抱くも、その後も両チームは激しくやり合い、スタンドは大興奮に包まれていた。

59分には再びヴィラが流れるような攻撃からゴールネットを揺らしたものの、ワトキンスのシュートはオフサイド。

ヴィラが主導権を握っていたのは確かで、ユナイテッドは前半のような勢いとテンポを取り戻すのに苦労していた。

フレッジ、ショー、ダロトにイエローカードが出されたものの、ユナイテッドはヴィラの攻撃��耐え続ける。それでもゴール前の攻防はユナイテッドがしっかり制していた。70分にワトキンスが低い弾道のシュートを放つも、ここもしっかりディフェンスして失点を防ぐ。

その2分後、ラルフ・ラングニック暫定監督は最初の選手交代を行い、主導権を取り戻すためにカバーニを下げてドニー・ファン・デ・べークを投入。徐々にアタッキングフットボールを取り戻し、74分にはメイソン・グリーンウッドが抜け出したが、シュートはセーブされた。

ジェシー・リンガードとアンソニー・エランガがそれぞれフェルナンデスとラッシュフォードに代わって投入され、フレッシュな選手を送り込む。

なんとかヴィラの攻撃を防ぎ切ったユナイテッドが、4回戦進出を決めた。

ユナイテッド:デ・ヘア、ダロト、リンデロフ、ヴァランヌ、ショー、マクトミネイ、フレッジ、グリーンウッド、フェルナンデス(C)『85分にリンガードと交代』)、ラッシュフォード(85分にエランガと交代)、カバーニ(72分にファン・デ・べークと交代)

出場機会のなかったサブ:ヒートン、マタ、アマド、テレス、ワン・ビサカ、マティッチ

得点:マクトミネイ(8分)

イエローカード:フレッジ、ショー、ダロト

アストン・ヴィラ:マルティネス、キャッシュ、コンサ、ミングス、ターゲット、マッギン、ドグラス・ルイス、ラムジー(85分にフィロジェン・ビデイスと交代)、ブエンディア(79分にエル・ガジと交代)、イングス、ワトキンス

出場機会のなかったサブ:スティアー、シニサロ、サンソン、ハウゼ、チュクエメカ、アーチャー、イロッグブナム

おすすめ: