アマド

亡き友に捧げたゴールセレブレーション

マンチェスター・ユナイテッドのヤングスター、アマドは、ACミラン戦でファーストチーム初ゴールをマークした。

ブルーノ・フェルナンデスからのパスを受けると、後ろ向きにヘディングシュート。ボールは相手GKジャンルイジ・ドンナルンマの頭上を超えてネットにおさまった。そしてそのときアマドが見せたゴールセレブレーションが、ファンの間で話題になっている。

試合終了直前にサイモン・ケアーに同点打を決められ、ヨーロッパリーグ、ラウンド16の第1戦は引き分けに終わったが、話題になったのは、アマドのゴールセレブレーションだった。

動画
アマド
ACミラン戦でのアマドのゴールシーンを再チェック

彼のアクションには、心温まるエピソードがあった。これはアマドが、アタランタ時代のチームメイト、ウィリー・ブラシアーノ・タ・ビに向けたものだった。

ブラシアーノは先月、21歳の若さで肝臓癌によりこの世を去った。

同じコートジボワール人で、同国のASEC ミモザから入団したブラシアーノと、アマドはアタランタのアカデミーでともに育った。 アマドは自身のインスタグラムに、 『ウィリー・ブラシアーノ・タ・ビ、どうぞ安らかに。君は永遠にみんなの心の中にいる』 とメッセージをつづった。 ACミランのコートジボワール人、フランク・ケシエも、前ラウンドのレッドスター戦でゴールを決めた際、ウィリーへの思いをこめたTシャツを披露している。ユナイテッドとの対戦でも、VAR で無効となったゴールを決めている彼は、レッドスター戦でのPKを盟友に捧げた。

おすすめ: