フレッジ

フレッジ「フットボールが恋しい」

ブラジル出身のフレッジは、来シーズンのプレミアリーグ日程が発表になってから、オールド・トラッフォードに戻り、新シーズンへの準備に向けてハングリーな気持ちになっている。

26歳のフレッジは、昨年の夏にシャフタール・ドネツクからマンチェスター・ユナイテッドに移籍し、1年目には25試合に出場。2年目は開幕から全開のシーズンにしたいと考えているようだ。

「日程が発表されると、休暇中だろうと、世界のどこにいようと、プレーしたいというハングリーな気持ちになる。それがシーズンの始まりだよ」と、フレッジ。

「家族との時間は良いものだけれど、ちょっとだけフットボールが恋しくなるね。ピッチに立ちたくなる。でも、プレシーズンが始まって練習を再開させれば、本当にピッチに立って、ファンの皆の前でプレーしたい気持ちになる。プレシーズンが始まると、よりハングリーな気持ちになるよ」

「自分にとっての1年目は難しかった。でも、まずまずの状態でシーズンを終えられたと思う。来シーズンは自分にとって良いシーズンにしたい。マンチェスター・ユナイテッドにとってもっと良いシーズンにしたい。その一員でいられて興奮している」

2019-20プレミアリーグ注目の試合動画

多くの選手と同様に、フレッジもライバルであるリヴァプール、マンチェスター・シティーとの試合日を探したという。

「イングランドのリーグは厳しい。ビッグクラブも多い。でも、ダービーは最高の試合だから、日程が発表されてからは、最初に探す試合になる」

「プレミアリーグにはビッグクラブが多いから、一つだけクラブをピックアップするのは難しいよ。リヴァプールやシティー、チェルシーについて考えてしまうかな。ビッグ6との試合は、いつだって楽しい。彼らとの試合を楽しみにしているし、勝ちたいと思っている」

まずは、7月のプレシーズンから始まる。ユナイテッドは、オーストラリア、シンガポール、中国でのツアーに向けて、Aonトレーニングコンプレックスで始動し、2019-20シーズンに向けて重要な練習を行う。

フレッジは、プレシーズン初日について「チームメートと会えるのがうれしいんだ」と言う。

「シーズン終了まで一緒にいるから、みんなに会えるのはうれしい。お互いに休みの間の話をしたりね。初日はいつだって最高だよ」

フレッジ
3月のPSG戦後、アウェイエンドのユナイテッドファンと勝利を喜び合うフレッジ

フレッジは、不安定な成績だった昨シーズンを終え、来シーズンのチームに期待されていることを理解している。

「レベルアップさせないといけない部分がある。昨シーズンは良い形で終えられなかった。チャンピオンズリーグ出場権を得られなかったから、違う大会に出る。リーグでも良い結果を残せなかった。成長しないといけない部分がある。チームとして、何がいけなかったのかを話し合えば、より良いシーズンを送れるし、トロフィーにチャレンジできる。それが自分たちとファンが何よりも求めるものだから!」

「来シーズンは、昨シーズンより良いシーズンになると言いたい」と、フレッジは続ける。「トロフィーを狙う。僕たちはマンチェスター・ユナイテッド。全てのトロフィーを勝ち取りに行かないといけない。ファンのみんなのファンタスティックなサポートがあれば、必ず良いシーズンになる」

プレシーズンツアーのチケット情報は、こちらから。

クラブ公式アプリのダウンロードは、こちらから。