ラッシュフォード

バルセロナ戦に向けた最新チーム情報

来週水曜に行なわれるFCバルセロナとのUEFAチャンピオンズリーグ準々決勝 第1戦に誰を起用するか、オーレ・グンナー・スールシャール監督にとっては、今後4日が長く感じられるかもしれない。

ウォルヴァーハンプトン・ワンダラーズに敗れたプレミアリーグ前節では、マーカス・ラッシュフォードとアンデル・エレーラが負傷のために欠場。ファンは、今季最大の一戦に向け、両選手の復帰を期待している。

ラッシュフォードは、足首を痛めて前節を欠場した。先日のインターナショナルブレーク中も同様のケガでイングランド代表を離脱したものの、スールシャール監督はSky Sportsに「違う方の足首で、ラッキーなことに以前痛めた箇所ではない。次の試合には出られると良いんだが」と語った。

打撲によりウルヴズ戦を欠場したエレーラは、母国スペインのチャンピオンとの一戦に出場できるかわかっていない。

エレーラが出場できれば、今季のチャンピオンズリーグでは3試合目の出場となる。これまでは昨年11月に行なわれたアウェイでのユヴェントス戦、2月のパリ・サンジェルマン戦にしか出場していない。

火曜の試合を欠場した他の4選手は、マッテオ・ダルミアン、アントニオ・バレンシア、エリック・バイリー、元バルセロナのアレクシス・サンチェス。

ダルミアンとバレンシアは1月から欠場を続けている。バイリーは、コートジボワール代表での試合で頭部を負傷し、ワトフォード戦とウルヴズ戦を欠場した。

アレクシスは、3月のサウサンプトン戦で負傷し、復帰は4月中旬から下旬になると見られている。

ルーク・ショーとアシュリー・ヤングはプレミアリーグで出場停止となっているが、バルセロナ戦には出場可能だ。

ショーは今季10枚目のイエローカードを受け、2試合の出場停止となり、4月13日のウェストハム戦から適用される。ヤングはウルヴズ戦で退場処分を受けたため、出場停止となる。

監督は、火曜の午後に予定されている会見で最新チーム情報を発表すると見られている。

バルセロナは?

 バルセロナでは、ウスマン・デンベレが出場できる可能性が浮上。21歳のデンベレは、ハムストリングを痛めてリーガ・エスパニョーラの直近4試合を欠場したが、チームの練習には復帰した。

MFのラフィーニャは、昨年11月のアトレティコ・マドリー戦で左膝前十字靭帯を断裂する重傷を負ったため、今季残り試合を欠場する。

絶好調のバルセロナは、今年1月中旬に行なわれたコパデルレイ準々決勝でのセビージャとの第1戦に敗れて以降、無敗を維持。ちなみに、第2戦には6-1で快勝し、次のラウンドに進出した。

国内リーグ戦に関して言えば、彼らは昨年11月11日にレアル・ベティスに敗れてから負け知らずだ。今週火曜には、ビジャレアルに苦戦したものの、リオネル・メッシ、ルイス・スアレスが終盤にゴールを決め、2-4から4-4に追いついて試合終了となった。

今週末試合のないユナイテッドとは異なり、バルセロナはリーガ2位のアトレティコと土曜にカンプ・ノウで対戦する。

おすすめ:

関連キーワード