エリック

エリック「自信をもってアンフィールドに臨む」

金曜日 03 3月 2023 18:49

マンチェスター・ユナイテッドのエリック・テン・ハフ監督は、アンフィールドに乗り込んでのアウェーでのリヴァプール戦で良い結果を得ることの難しさを認識しつつも、自信を持って今週末の対戦に臨むと語った。

ユルゲン・クロップ率いるチームとの対戦は、日曜の現地時間16時30分(日本時��月曜1:30)にキックオフだ。

リヴァプールには現在10ポイント差をつけているが、テン・ハフは、リヴァプールとの戦いには「犠牲」や「苦難」が伴うだろうと語る。

彼らの本拠地でレッズが最後に勝ち星をあげたのは、2016年1月まで遡る。ということはつまり、ユナイテッドは過去7回の遠征で勝利を得ていないということだ。それはこの週末に待ち受ける課題を浮き彫りにしているが、エリックは同時に、この熱戦を楽しみにもしている。

 
リヴァプール戦前にエリックが会見 動画

リヴァプール戦前にエリックが会見

エリックがアンフィールドでのリヴァプール戦に向けたチーム情報を明かした

「アンフィールドには行ったことがある」。

試合前の記者会見で、エリックは2020-21シーズンのチャンピオンズリーグのグループステージで、かつて率いたアヤックスとともに彼の地を訪れた経験を振り返った。この試合は無観客で行われた。

「私は(この対戦を)楽しみにしている、雰囲気は知っているし、きっと素晴らしいものになることだろう。我々に対しては手厳しいものになるだろうが、望むところだ」。

「もちろん、これは自分たちを試されるテストでもある。しかしリヴァプールと対戦するのだから、本当に楽しみだ。選手たち、そしてチームは、自信を持って戦いに臨む準備をしているだろうし、それが難しいもにになることも熟知している」。

「良い結果を得るためには苦しみを伴う。犠牲を払わなければ、良い結果は得られないのだ」。

このような重要な試合では、正しいマインドセットを持つことが不可欠であることは間違いないが、テン・ハフのもとで成長を続けるチームは、勝利のメンタリティの兆候を示しつつある。

水曜日のウェストハム戦での逆転勝利はその最たる例だが、ワールドカップ後の好調や、バルセロナ戦、ニューカッスル戦といった重要な試合での好結果からも、この感覚を感じることができる。

「我々のメンタリティーはとても良好だと思う」。アンフィールドへの遠征を前に、指揮官はそう明言した。

「メンタリティやスタンダードを設定し、それらをコントロールし、必要であれば修正できるリーダーが、このチームにはたくさんいる」。

「我々はいまのこのプロセスを楽しんでいる。しかし、我々は常にさらに成長できる。そしてその意識をもってアプローチすることが大切なのだ」。

おすすめ: