ユナイテッド

ヨーロッパリーグでの試練を心待ちにするフレッジ

マンチェスター・ユナイテッドの中盤を司るフレッジは、ドイツで開催されるUEFAヨーロッパリーグのミニトーナメントを勝ち抜く自信を持っている。もちろん、ノックアウト方式のフッドボールに関しても、彼は熟知している。

今後のラウンドは中立地で開催され、90分で決着がつかなければ延長、もしくはPK戦で勝敗をつける。

27歳のフレッジは、ノックアウト方式の試合ではミスに気をつけ、集中力を維持できるかが最大の試練になることを心得ている。

ミッドウィーク版のUnited Reviewに掲載されたインタビューで、フレッジは「どのタイプの大会も好きだよ。トーナメントでも、プレミアリーグのように勝ち点で優勝を争う形式もね。でも、トーナメントでは、より集中力が問われる」と語っている。

LASK戦ハイライト動画

「大事な2試合があって、そして決勝が待っている。しっかり準備して、ミスは許されない」

「リーグ戦では、ミスしてもリカバリーできる。試合に負けても、あとで取り返せる」

「トーナメントでは、点差が開けば挽回が難しい。だからより集中して臨まないとね。それが僕たちにとって一番大事な部分かな。最大の試練になるね」

ユナイテッドは、来週の月曜にケルンでFCコペンハーゲンと対戦する。もし勝てば、準決勝もケルンで開催される。

決勝は8月21日(金)にラインエネルギーシュタディオンで開催される。そこまでたどり着くことができれば、6月19日にシーズンが再開してから63日で15試合目を戦うことになる。

フレッジは、プレミアリーグの過密日程を乗り越えられた経験が役に立つと言う。

「6月と7月には短期で強度の高い試合をこなしてきた」

「だから慣れているし、過密日程は自分たちにとってのアドバンテージになる」

「ヨーロッパリーグでのアドバンテージになるね。しっかり準備して試合に臨めるよ」

2020-21シーズンのホームキットの購入はこちらから

おすすめ: